ケアマネージャーのお仕事を長く勤務するメリットとは?

[ archive ]


[ お仕事にはお金とやりがいがないとね(*^▽^*) ]

はじめに

ケアマネ―ジャーのお仕事を長く勤務すると、いろいろなメリットがあります。

お仕事そのものが円熟して遂行しやすくなることもありますし、地域に精通することもできます。

何より人脈がとても大きく広がりますものね。

今回はそんなメリットのいろいろについて考察してみました。

ケアマネ―ジャーを長くお仕事するには?

私のキャリアであるケアマネージャー歴15年が長いか短いかはさておき、大事なことは自らの働き方。

ケアマネージャーとしての自分のあり方をどう追及するかの姿勢。

そして周囲の同僚やサービス事業所の方々とのお付き合いのあり方、最後に事業所における経営陣とのお付き合いの3点がとても大切ではないでしょうか。

ケアマネ―ジャーを長くお仕事をしていると?

在宅のケアマネージャーであれ、施設のケアマネージャーであれ、地域包括支援センターのケアマネージャーであれ、まず多くの人と接点を持つことができます。

その数は利用者さんがお亡くなりになっり、施設へ入居されたりして減ると思うでしょ?

ここは増えることがあっても減ることがありません。

着々と増えていきます。

利用者さんの数は担当する上限が40人までと法的に一線が引かれていますし、その辺りの人数は変わらないにしても、周辺の人脈について新旧で、どんどん増えていくのです。

利用者さん1人につき、配偶者、子夫婦、場合によっては孫まで。また皆さんのお仕事先が身近であるほど、派生的に広がったりもします。

公私の区別は法的順守を旨とするところは当然ですけども、広がる輪はどうしようもないところです。

利益享受の関係には細心の注意を払わねばならないところは長いほど注意が必要です。

あとはサービス提供事業所さんも新旧の入れ替わりもありますし、出会いもあれば別れもありますし、再開もあります。

この辺りの人を覚えるキャパシティーが長く勤めるには必須のお仕事だと思います。

ケアマネ―ジャーをして良かった点は?

ズバリ!社会の縮図が見えることです。

とても幅の広いお仕事の領域と関わる多くの人脈。

お仕事の結果には多くの情報が頭に残ります。

高所得の方の暮らしぶりから低所得者の方の困窮のあり様まで…。

病気の程度や先行きの結果まで…。

人生を生きる上で多くの見聞をお仕事上で得られることだと思います。

もちろん、得た情報は経験として、利用者様への日頃の助言や提案に反映していく部分でもあります。

そして自らや身の回りの人にも波及する効果があります。

ケアマネ―ジャーの裏方での実務への反映点もある

普通、ケアマネージャー業務はソフトと呼ばれるいろんなソフト会社の情報管理システムを活用することで保険の管理であったり、記録帳票を整えています。

こうした既存の会社様が提供するソフトは規定路線であって、活用し続けて円熟するソフトとなります。

箱がいかに優れていても、中身がなければソフトが有効に活用できないものです。

このソフトの充実が図れることも長くケアマネージャーのお仕事に携わると可能だと言えます。

またソフトに不足する大事なモノもいろいろとあるので、Word、Excel、Accessなどのソフトを活用して作成することも、長くお仕事をすることで円熟していく要素であると言えるでしょう。

広がるケアマネージャーの活躍の舞台

長くお仕事をしていると介護支援専門員協会での活動を行う機会もあるかもしれません。

また通所介護など地域密着型サービスにおけるサポーター構成員として、有識者としての活動するという世界もあり得ます。

また社会福祉士を併用取得することで医療系のメディカルソーシャルワーカー ( M S W ) として活躍する舞台もあります。

地域包括支援センターから、市町村行政へ…もちろん臨時採用職員として参入する可能性もゼロではありません。

働き方次第です(*^▽^*)

最後に

ケアマネ―ジャーのお仕事の魅力やメリットを最大限、お伝えできましたでしょうか…。

はぃ、私の文才の限界ですね…。

ケアマネ―ジャーのお仕事を長くするメリットは他のお仕事とどうように円熟する道があることと、どこまでも広がり続ける人脈形成にあると思います。

お給料は…稼ぎが決まっている分、あんまり上昇していきませんけど、コツコツは上昇するのではないでしょうか…。

ケアマネ―ジャーのお仕事って、辛い面もたくさんあるんですけどね…。

泣いて笑って、日々、変化に富んで生きられることも、メリットの1つだと思いますね。

同じ日は1日としてないですし、ボケっと1日を過ごすことも、ケアマネージャーというお仕事をしていると、なかなか出来るものではありませんよね…(*^▽^*)

[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

[ ☆スポンサーリンク☆彡 ]



[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村