【 ☆ 2月 February 冬 ☆彡 】 [ 月間の話題 ]

花粉症のアレルギーは病院で検査が基本ですが食べ物や生活も見直してみましたか?

投稿日:2018年11月30日 更新日:


[ 不自然なお薬より食べ物で調和をとりたいですよね(*^▽^*) ]

はじめに

冬から春…温かくなってきたなぁと思う頃…。

目が重く開けにくい…鼻水が水で流れ出る…。

顔に出る違和感って、とても気になりますよね。

気になり始めたら…連鎖的に悪化しちゃうものです。

もちろん、ひどい場合はお医者さんが原則。

早めであるほど、早く楽になるのも自然の摂理ですよね。

お金かかりますけど…症状にあったお薬はやはりビンゴが多い。

副作用が出ることもあるんですけど、差し引きしても有効だったりしますよね。

今日は花粉症は毎年なる!

毎年、なりたくない!

生活をどう変えたら軽減するんだろう?

その辺りを記事にしてみました(*^▽^*)


スポンサーリンク




花粉症でひどくなってアレルギーだと感じたら病院での検査が大事!

単なる花粉症なのか、皮膚炎なのか、それとももっとひどいウツル病気なのか…。

考えだしたら、すっごく気になっちゃいませんか?

なかなか治らない、痒い、ヒリヒリする…目立つ…。

気になる状態が続くことは、とても良くないです。

何に良くないか?

精神衛生上、良くないのです。

その状態が続くと、ストレスにつながることと、花粉症やアレルギーは大したことなくても、体が生理的に反応しやすい過敏症になってしまいます。

お医者さんに行きますと、血液検査や培養検査で結果が分かり、それに対応したお薬を用意してくださいます。

もちろん、副作用の心配もちゃんと説明してくださいますよね。

過敏症になって、治すのに時間がかかってしまうよりは早期に受診することが大切です。

スポンサーリンク




花粉症のアレルギー対策で食べ物?

さて冬から春になる頃にあるのは、大気の乾燥による肌荒れが元になって、荒れた部分に雑菌のように花粉が付着しやすいというパターンと温かさに沿って自然が芽吹き花粉を多く飛散させるというパターンが重なります。

花粉を完全防護したいですよね?

目や鼻を洗って、粘膜を保護する軟膏を塗って、マスクで防護して…。

あなたのお庭の梅の木とか、衣服に付いた花粉が部屋で飛散していて…。

あるいは、
□ PM2.5
□ 隣の畑の野焼き
□ ご家族の煙草の煙
□ お料理の魚を焼く煙…。
□ 自動車の排気ガス…、
□ 町工場の煙…。

まぁ、目立つ自然の摂理のせいにしたくもなりますが、大気汚染の原因なんてお隣の韓国やロシアや中国から飛んでくる地球規模の物も含めて、あれこれ言い出すとキリがないです。

アレルゲンの特定はパターンに沿ってみて、検査で合致すればこれだろうと診断する。

でも、大気中の成分で言えば、もっと複雑なものが少量で加味される可能性もなくはないのです。

こう考えますと自然界の植物の動きや風も含めて、致し方ないこと…。

ただ、花粉症やアレルギーの元は何とか断つ、あるいは軽減したい。

やはり体そのものに強くなっていただくことも方法の1つかもしれません。

日頃から体を鍛え、食べ物をしっかりと摂取する。

健康的な生活が出来ているかどうかが1つの症状の重い軽いに左右することは間違いありません。

スポンサーリンク




花粉症のアレルギー対策は生活全般の過ごし方かも?

花粉症のアレルギーを感じやすいのは目、鼻、喉です。

目はよく動く器官なので、皮膚が柔らかく出来ています。

手でこすりがちで、こするほど皮膚が傷み、痛みを治す痒みを実感しやすくなります。

ですから、こすらないことが原則ですね。

本体は瞬きで目の中に異物が入った際には外に排出する働きがあります。

水の中でしっかりと瞬きをする…これで中に侵入した異物は外に出せることでしょう。

皮膚面は丁寧にパッティングで拭きとるようにしていきます。

鼻。

鼻は外より中が気になりますよね。

ところで鼻毛はカットされていますか?

じつは年齢を重ねるほどに手入れが必要なのです。

40代に踏み込みますとカットは必須の身嗜みになります。

埃っぽかったり、空気の悪い環境下では、年齢に関わらず伸びも早くなります。

鼻毛の回りはデリケートな粘膜ですよね。

鼻毛が伸びていると粘膜に対して刺激になってしまうことがありますので、カットが有効な場合があります。

ただ鼻毛はとても大事な役割をしておりまして、体にウイルスなどを吸いこまないように生えてくる保護を目的としています。

カットし尽くしますと保護が効かなくなるのでウイルスを取り込んで風邪などを引きやすくするかもしれませんね。

最後に喉。

1日中、食べて飲んで過ごすことが出来るわけでもないので、何もない時間帯、お話をしてもしなくても喉の粘膜は水分を大気に揮発させていきます。

大気の乾燥に負けるほど喉は荒れやすくなります。

荒れたところにウイルスや花粉が付着して、症状を引き起こす温床になってしまうんですよね。

1つはこまめに水分補給をされてみてはどうでしょう?

またマスクをすることで、呼気に含まれる水分がリバースしますので潤いを多少は保持してくれる面もあります。

こうしていろいろと対策しながら、空気清浄機や加湿器を置いて文明の利器に助けられつつ、がっつり食べて運動して健康を培うと軽減するんじゃないかなと思います(*^▽^*)

スポンサーリンク



まとめ

なんか締まらない記事になってしまいましたが…。

花粉症の時期には季節の特徴があり、食べ物や生活習慣とそれぞれの方に特有の行動パターンというものがあると思うのです。

夏と冬と同じ服装で同じ動きで生活していないでしょう?

食べ物も変わりますからね。

もちろん好き嫌いの偏りもあるでしょうし…。

睡眠不足や運動不足、リラクゼーション不足もあるかもしれません。

都度、足りない何かを重点的に補い、劇的に改善するバランス上手と言いますか、綱渡りの天才を目指すことが、とても大事なことかもしれません。

いわばオリジナル処方を考えてみよう!という記事でした(*^▽^*)

スポンサーリンク




~ よろしければ応援ボタンをポチポチっとお願いします ~

本ブログは2つのランキングに参加させていただいております。


生活・文化ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

クリック数で順位が変わりますので、筆者のモチベーションにつながります(*^▽^*)

-【 ☆ 2月 February 冬 ☆彡 】, [ 月間の話題 ]
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬のお風呂は嫌い?じつはちょっとした工夫がダイエットと毎日の楽しみに変わる!

[ お風呂で汚れを落として表皮の潤いを活性化させるのよね(*^▽^*) ] はじめに いろいろしても痩せられなかった…。 諦めていたそこのあなた! 試してみませんか? 冬場の毎日のお風呂の工夫です。 …

二十四節気の雨水の意味って?ひな人形を飾るのと?他には?

[ この頃に雛人形を飾ると縁起が良いのよ(*^▽^*) ] はじめに 1年を24の時候に分けた二十四節気。 そのうちの1つである雨水の日は2月19日頃を指します。 2月19日って、まだまだ寒い頃ですよ …

高齢者さんが冬に気をつけること!脱水や健康管理に注意しよう!

[ 体調を崩さないように飲食を大事にしてね(*^▽^*) ] はじめに 高齢者さんが冬に気をつけたいことを記事にしてみました。 いろいろな対策を立てておくことで危機を回避できることも多いです。 備えあ …

冬の寒さで冷えて便秘や下痢を繰り返す人は原因を見つけて対策しよう!

[ 便秘も下痢も美容に悪いのよね(*^▽^*) ] はじめに 冬になると冷えてお腹の調子が落ち着かない…。 誰にでも経験があることではないでしょうか? 今日は冬の寒さからくる冷えで、狂ってしまう胃腸の …

夏と冬に介護保険のサービス提供で犬猫の飼育が問題点になることへの対策と考察

[ お世話が出来ないのに飼育してはダメですね(*^▽^*) ] はじめに 利用者さんが介護保険でサービスを受ける時、犬や猫を飼育されていますとトラブルとしては一気に肥大化する恐れがあります。 ポピュラ …

[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

[ ☆ ランキングに参加中です ☆彡 ]


応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟

ブログランキング・にほんブログ村へ





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

  • 332,994 名の皆様に閲覧いただきました。
[ ☆ 友リンクのご紹介 ☆彡 ]
みんなの介護 様に私も参加 ☆彡
→ みんなの介護 リンクはこちら ←
調べて見つかる!
是非、閲覧してみてくださいね(*^▽^*)
リンク希望の方、お気軽にご連絡くださいね(*^▽^*)