彼岸花の花言葉の意味や由来!毒など関連して気を付けたいことのまとめ

[ ☆ 秋 Autumn ☆彡 ]

[ 異名だらけの彼岸花がテーマ(*^▽^*) ]

はじめに

毎年、この彼岸花を眺める頃になると、
私は昔に通った大学で彼岸花を研究されていた恩師をふと思い出します。

当時、かなりご高齢でしたが…27年ほど昔のことです。

散々、彼岸花についてご教授いただいたので…記憶に残ってました。

さて、今日は彼岸花とはなんぞ?

そこから気を付けたい事柄までをまとめ、
彼岸花を語る記事を書いてみました。

[ PR ] [ 小さなフクロウがとてもいい ]
[ PR ] [ まるみがインテリアに最適です ]

彼岸花の花言葉の意味や由来は?

秋のお彼岸の頃になりますと、あちこちで彼岸花を目にするようになります。

今日は、俳句で秋の季語ともなる彼岸花がテーマです。

よく見かける彼岸花は赤色が多いのですが、
品種改良や外国産も含めると、白や黄などのたくさんの種類が園芸店で売られるようになりました。

彼岸花の由来は?

正味、謎です。

稲作が日本に伝わった頃、一緒に伝播してきたのではないかという説が有力です。

今では北海道から沖縄まで、日本の全国で親しまれるポピュラーな彼岸花。

元々、日本に自生していた…という記事は見当たらないので、伝播説が有力かもしれません。

彼岸花という名称は、お彼岸の頃に開花することが由来だとも言われています。

彼岸花の花言葉は?

□ 情熱
□ 独立
□ 再開
□ あきらめ
□ 転生
□ 悲しい思い出
□ 想うはあなた一人
□ また会う日を楽しみに

…とてもたくさんある彼岸花の花言葉。

美しく咲く彼岸花ですけども、その美しさに、情愛的な物悲しい言葉も混ざります。

お彼岸の頃に咲くこととご先祖様を大事にするお彼岸の文化が融合してきた証拠です。

彼岸花の異名は?

花言葉に加えて、異名を調べてみました。

こちらも、たくさんあります。

じつは…1000以上もあると言われます。

よく知られているところをご紹介しますと…。

□ 曼珠沙華
□ 仏法花
□ 赤い花
□ 天上の花
□ 悲願花
□ 死人花 ( シビトバナ ・ シニンバナ )
□ 地獄花
□ 幽霊花
□ 蛇花
□ 剃刀花
□ 狐花
□ 捨て子花

…などなど。

お彼岸に咲くことから、お彼岸にちなんだ異名が多いようです。

極楽浄土に咲く花の意味から、忌み避ける言葉まで並んでいます。

彼岸花が持つ毒とは?

彼岸花は花、葉、茎、根、球根の全部に毒があります。

花言葉にしても異名にしても、この毒が全て関連しています。

手に持つ程度では害はないですが、けっして食べてはいけません。

いえ、食べる方法もあります。

現在では生薬の一部に用いられ、利尿や去痰効果があります。
きちんと薬として作った場合の材料になるということで…。

普通に食べるには、毒以外の何ものでもありません。

異名の1つに、『 舌曲がり花 』というものがあり、
舌が曲がって喉を塞ぎ、窒息を引き起こす毒と言われます。

日本全土に広がる彼岸花ですが、毒は水溶性なので、
戦時中は毒を除去して救荒食として、デンプンを生成してクッキーを焼くなどして食べたそうです。

もちろん、処理が杜撰で、毒が抜けきらずに犠牲者も出てしまったと言われています。

昔は作物のほとんどが年貢として取られた時代もありまして、
その頃には救荒作物として、年貢の対象外であった彼岸花が重宝されたと言われています。

綺麗な花で美しさを感じさせますが、特に小さいお子様やアレルギー体質の方は、ご注意が必要です。

彼岸花の毒は過去から有効に活用されてきた証拠

日本全土にある毒のある彼岸花。

じつは、毒が有害なのは人間に対してだけではありません。

自然界の動物にも、作用します。

蛇花と呼ばれるのは、彼岸花が咲く場所は蛇が住みつくというところから命名が来ています。

彼岸花が持つ毒性に、蛇の天敵が寄り付かなくなるので、蛇の棲み家として最適になるからです。

彼岸花の群生地に観賞に向かわれる時には、足元によく注意しましょう。

彼岸花が植えられるところ…

彼岸花は、お墓などの大事にしたい場所や田んぼのあぜ道など危険が潜む場所に植えられました。

大切な場所を華麗に彩る意味合いも果たされます。

彼岸花の毒の影響で、獣たちが掘り返したり、寄り付くことを防ぐことにもなります。

一石二鳥の先人の知恵です。

彼岸花を植えて守る大切な場所には人の手も日常的には入らないので蛇の棲み家にもなる。

ですから、子どもたちにも近寄らないように、躾が伝えれてきたのです。

彼岸花を見たら、周りを良く観察して注意する。

遠目に観賞する!

これが正解です。

彼岸花の豆知識をご紹介

彼岸花の学術名は 『 リコリス 』 。

ギリシャ神話の海の女神で、海の精霊であるリュコーリアスにちなんでいます。

花言葉や異名も多くありますが、表向きな意味と裏向きな意味を斟酌すると、
彼岸花はとても幻想的に思えて奥深く感じられます。

蛇花ですが、彼岸花の毒に耐性があると思われたか、
地方では神様の使いとされたり、白蛇様など神格化する向きもあります。

さて、福彩心では彼岸花を調べてて、これは書いておかねば…。

と思ったポイントがありまして…。

彼岸花の成分は抽出されて、アルツハイマー病の治療薬にも活用されているそうです…。

美しさあり、毒あり、お薬にもなる…。

彼岸花はとても不思議な花だと思いました。

まとめ

彼岸花は古来から、身近で人々の生活と共にあった花です。

毒で寄せ付けず、守りたいものを守るために…。

大事にされてきた彼岸花の花…。

ご先祖様の知恵がたくさん込められた彼岸花の取り扱い。

秋の風物詩の1つの話題でした。

[ PR ] [ 敬老の日の贈り物に ]
[ PR ] [ お菓子も大事 ]


[ ☆ブログランキングに参加しています☆彡 ]


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護の豆知識へ
にほんブログ村

[2つも参加して欲張りですが…応援をよろしくお願いします]

[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

[ ☆スポンサーリンク☆彡 ]



[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村