夏に介護をする上で最も重宝するものは何でしょう?

[ archive ]


[ これ!と見つけるより考えることが大事よね(*^▽^*) ]

はじめに

今回は個人的見解の記事です。

世に出回る物は、数限りなく、いろいろな物がありますから、私が夏の季節の介護には、特にこれに拘りたいなぁと思った1点をchoiceして記事にしてみました(*^▽^*)

こだわり出すと、何でも奥が深い物ですねぇ(*^▽^*)

夏に介護をする上で最も重宝する…今回、私が用意したものとは…。

バス、顔、客、手、贈答、子供、自然でインターネットを検索してみましたら、出てきたのはタオルでした。

□ バス☞バスタオル
□ 顔☞フェイスタオル
□ 客☞ゲストタオル
□ 手☞ハンドタオル
□ 贈答☞ギフトセットタオル
□ 子ども☞ベビータオル
□ 自然☞オーガニッック天然素材タオル

そんな独善的選択で、タオルを記事にまとめることにしたんです。

日常、身近にあるタオル…。

タオルを活用しない日はないですよね?

とても重宝しますよね。

それは例外なく介護の現場でも、タオルは年中、とても重宝する物で必需品です。

介護の世界では下用タオルと言って、清拭用の汚染用タオルとしても用いますよね。

介護の世界でのタオルの活用法のまとめ

洗顔から下用まで幅広く活用しますが、特殊な用い方の例を挙げてみました。

・床ずれ防止用活用法

寝たきりの利用者さんが、部分的に床ずれが悪化している。

そんな床ずれ部分を抱えておられる方にタオルを活用できます。

床ずれはその部分に重みと生じる圧力が加わることで出来やすく、放置すると悪化しやすいものです。

そこでタオルを細長く丸めて輪にして、患部とシーツの間に敷き込むことで圧力を分散させることができます。

2時間以内に体位変換していきますが、『タオル当て』も一緒に場所を変えていくことで、早期の床ずれ改善が目指せます。

…ただタオルを分厚くし過ぎたり、体位変換を怠ると別の部位に支障が出てくるので、こまめさが大切です。

もちろん、栄養価の高い食事などトータルケアが重要です。

それから体位変換マットレスなどの機器類を併用したとしてもさらに重ねて工夫することが重要です。

・乾布摩擦、ストレッチングなど運動に活用する。

これもデイサービスの教本などで一躍、ポピュラーになったところです。

持参した物で有効活用してレクリェーションを行うという工夫の極致・神髄で、涙ぐましいものがあります。

もちろんタオルの代わりにゴムだったり、棒だったり、いろいろな物を使って運動方法が実践されています。

・お風呂で活用する。

デイサービスや施設が出てきたところで、お風呂で活用する方法があります。

肩にタオルをかけて湯舟から掬ったお湯をかけると非常に高い保温効果を発揮します。

肩まで浸かればいいじゃん…と簡単に思われるかもしれませんが、車椅子ごと入浴できる設備だとか、高齢者施設のお風呂って、とても浅いものなのです。

ご家庭でもユニットバスの普及で底にお尻を着くと半身浴くらいまでしか浸かれないことが多くなってきましたし。

介護の必要な高齢者の方の場合、寝そべってくつろいで入ることは、とても難しいことなのです。

そこで心臓より下までしか浸かれませんが、肩にタオルをかけて湯を手桶で掬いかけることで保温効果を得ることができます。

しかしです。

持病を抱える利用者さんの中には、鳩尾くらいまでで浸かる半身浴が利点となる場合がありますので、そう前向きに捉えて我慢される向きもあります。

でもですよ?

文化の発展と共に姿を変えるお風呂ですけど、きちんと浸かれるものなら浸かりたいという気持ち、一瞬でもいいからと思うと…私は思うんだけど…。

介護をしてもらっている遠慮からか、十分な満足があるからなのか、そこまでの願望の訴えは聞いたことがないですね。

あ、お風呂の話題にそれちゃいました…(/o\)

介護をする上で最も重宝するもの、それはタオル!の分析とまとめ…あ、夏のお題を忘れてる…

タオルは利便性が高い。食事の時に食べこぼして汚染しても、涎を拭いてもヨシ。

顔から下まであちこちの保清に役立つばかりか、いろいろな使い方ができます。

で、タオルは肌に触れて活用する方法とその他、掃除や調理といった場面で活用する向きと2通りの活用法に絞られるのかなと思います。

今回は先述した触れるタオルということに絞らせていただくとして…。

夏は発汗しますから。

保水力と吸収性が高いものが介護の提供では選択されるものだと思います。

その方向性を煮詰めていきますと肌触り良い感触がタオルに求められるということです。

優れたタオルは夏場、枕カバーの代用品として、寝間で夜中、活躍もしてくれます。

タオル地のシーツは全身の肌触り、発汗吸収に貢献してくれます。

私はタオルに拘り、肌触り良さを常に手元に用意することに拘りたいと思っています(*^▽^*)

後書き

う~ん、いまいち伝わりが浅いから補足を…。

タオルは手触り、肌心地が良いわけです。

いつも触れているだけで安心できる優しい触り心地。

手を伸ばすとそこにいつもあるタオルが上質なものであるほど、安心感や心の穏やかさが保てる気がするんですよね。

ストレス社会とも言われる現代、今回のように愚痴を代弁しましても、たくさんあるものです。

愚痴を減らし、ストレスを抱えないようにするためにもタオルを上質なもので手元に用意することはささやかな貢献を産み出すことは間違いありません。

是非、お試しくださいね(*^▽^*)

[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

[ ☆スポンサーリンク☆彡 ]



[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村