高齢者のデイサービスや施設で催される七夕祭りの行事運営に悩むあなたへのオススメ

[ ☆ 7月 July ☆彡 ]

はじめに

七夕に向けて準備から、当日の運営のあり方まで、こうだったらいいのになぁ(*^▽^*)

…をテーマに考察してみました。

実際には…。

まずあり得ないとは思うんですけども、一度、理想を書いてみたかったんですよね。

今回は、そんな私の願望を記事にしてみました(*^▽^*)



デイサービスや施設での七夕祭りの行事運営に悩まれるそこのあなた(*^▽^*)

悩みのポイントは、七夕の1日を節句の一つとしてどう利用者さんに楽しんでもらおうか…という健全な精神で悩まれていることと思います。

要は…最初に最大の答えを書いてしまいますけど、利用者さんが楽しいと思っていただけたら、それだけで正解なんです。

あなたが考える思いが利用者さんに上手く伝わるように、本記事では秘訣をまとめてみましたので参考にしていただけたらと思います。

七夕祭りの成功をイメージする時に、まず利用者さん全員の顔を思い浮かべること。

一人でも多く…ではなくて全員です。

デイサービスや施設に入所されている方、対象となる全員の写真を並べて囲まれてみてください。

そして、全員が笑って楽しんでいる七夕祭りが想像できるように整えることが大切です。

並ぶ顔は皆、一癖、二癖ある年季の入った御顔をされてますよね?そうです。

あなたとは異なり、何回目の七夕祭りでしょう?

今のあなたに欠けるモノ、まずはリサーチです。

皆様がどんな七夕祭りを過ごされてきたのかというリサーチをしてみると一つの筋道が見えてくると思います。

利用者さんによって育ちも環境も異なるので、いろいろな七夕祭りの思い出があると思います。

それを個別に聞き取り、集合させたような七夕祭りであっても十分な成功の秘訣が見えてきます。

七夕祭りの運営の工夫は一つでも多く盛り込むことが大切です(*^▽^*)

リサーチの中で、利用者の皆さんが七夕祭りに向けて過去にいろんな工夫を凝らしてきたことが聞き取りできると思います。

その結果からは、意外にも現代にはない全力を尽くす背景があり、とことん楽しんでいるという背景があると思います。

物のない時代であっても工夫してきたという背景です。

現代は物が昔より充実していますし、調達は容易です。

だからこそ、過去である利用者さんの思い出に打ち勝つほどの感動とスケールをお届けすることも大切だと思うのです。

ここで工夫の技巧ですけども、利用者さんの記憶にある過去を現代に昇華することやイメージとして将来像を魅せるという時間の流れの活用の技巧を活用してみることも工夫かもしれません。

また五感、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚のそれぞれに対する遡及効果も組み合わせることで充実した時間に導くことが可能です。

それを施設であれば起床時から就寝に至るまでアプローチする計画を集団性ある状態で計画的に数日前から当日後の後片付けまでプロデュースすることが最大効果の七夕祭りへのアプローチになると…最後は私の私案ですけど…ね。

七夕祭りの行事運営をして最大限の効果を引き出す為に…。

さて、私流の提案です。

近隣の老人会、婦人会、子供会、PTA、市町村職員など何かを巻き込み開催しましょう。

この七夕祭りは本来、宮中の行事で針や織物の上達を願う祭りで民間に広まり、現在は願い事をする日になっています。

同じ地域に住む皆で願う祭りと…昇華すると規模も大きく開催できます。

あるいは…です。

職員、施設長、事務員も同列に参加できることにしましょう。

一緒に楽しむという一体感が日頃の夏の暑さの憂さを晴らす起爆剤になることは間違いありません。

予算が…という声が聞こえそうですよね。

参加者の全員から徴収します。

とはいえ500円や1000円の会費で十分でしょう?

職員は家族も伴い、利用者さんも家族を呼び、地域のいろいろな皆様が集まる。

ぼろ儲け!…にしてはいけません。

施設からは10万円とか、理事長や施設長など経営陣よりサポートをいただくことで、より豪華な七夕祭りにすることができます。

とはいえ…七夕祭りでここまで?と思う面も無きにしも非ずですが、昔は盆の一角を占めた行事ですからね。

盛大にやることには意義があります。

祭りそのものを楽しめる人々…これが1点目。

2点目は施設の名声の獲得です。

だって、ここに書いたことが出来ている施設なんて…まずないでしょ?

3点目は成功体験は次の行事に活かされることで次なる成果を産む。

施設は行事を完遂することで安定した経営に結びつき、反映を極めていくことになります。

だって大規模に楽しくできる施設ですから、利用者さんは世代が移り変わっても集まってくることは間違いがないでしょう?(*^▽^*)

まとめ

間違ってもしてはいけないこと。

職員による出し物。

面白おかしく演劇をするとか、歌を歌う…職員だけが披露する形や利用者さんだけが行うという一体感のない項目は削除します。

大規模であるほど一体感のないものほど白ける要素につながりやすいです。

宴会での一発芸が外れた時のような失墜を喰らう可能性があります。

それも地域を巻き込んだレベルで…です。

七夕祭りは祭事です。

常とは異なる特別な日。

デイサービスや施設に常になくて、利用者さんのご家庭では普通に行っていたことを盛り込む姿勢で臨んでみられてはどうでしょうか?

それだけでもかなり評価が高くなることは間違いないと思いますけどね?

他にも参加者は全員、自前の浴衣で参加…とか、いかがでしょう?

どこまで熱意を燃やすんだぁ…と、なりそうですけど、大勢を楽しませるんですから、熱意はどこまでもあるべきです(*^▽^*)

管理人
管理人
本記事の閲覧、
誠にありがとうございました。
お気づきのご感想を
是非、お寄せくださいましたら幸いです。


[ ☆ブログランキングに参加しています☆彡 ]


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護の豆知識へ
にほんブログ村

[2つも参加して欲張りですが…、
応援をよろしくお願いします]





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村