[ archive ]

高齢者施設の食事は食中毒予防と一人前コストにこだわるので不満だらけかも?

投稿日:2019年4月25日 更新日:


[ 料理は食べる人を意識して作ろう! ]

はじめに

高齢者施設のお食事を召し上がってみたことはありますか?

1食くらいなら…。

そう返答できる方もおられるかもしれませんね。

1ヶ月や1年、朝昼晩と召し上がったことは?

じつは職員の方であっても、まずありません。

高齢者さんのご家族様ももちろんありません。

ただひたすら、毎日3食を食べる高齢者さんのみ、返答できる味や不満がそこにはあります。

今日はその辺りを記事にしてみました(*^▽^*)

高齢者施設の食事のこだわりは食中毒予防?

どこの施設でも、提供時間から、凡そ2時間程度、摂取されなければ処分ということが、夏でも冬でも関係なく決まっていることでしょう。

食中毒が懸念されるからですね。

一般のご家庭ではあり得ない事柄ですよね。

ご家庭であれば冷蔵庫にしまって、晩御飯の一品にもなるところです。

それどころか、煮物やカレーなど数日間の食事を楽しむご家庭もあることでしょう。

高齢者になり、施設に入りますと数日、味わいの変化を楽しむ食事が霧散してしまうことを覚えておきましょう。

だって、食中毒がひとたび発生しますと、嘔吐や下痢の症状から施設内での蔓延に結びついてしまうからです。

ひとたび、食中毒が発生しますとノロウイルスなど感染性が強いウイルスの場合など全館を次亜塩素酸の希釈液で徹底掃除をしたり、各利用者さんに居室でお過ごしいただいたり、医療機関の受診にお連れしたりと、ひと手間もふた手間も余分な仕事が増えてしまいます。

さらには食中毒を起こしたということで職を失う調理員さんだけではなくて施設の名声も地に堕ちる…なんて大打撃を被りかねません。

ですから、マニュアル化して厳密に処分時刻を定めてしまうことになります。

…入所すると失われる味覚の1つになりますので、しっかり覚えておきましょう。

高齢者施設の食事は一人前にこだわっている?

1人前の値段が決まっていて、しっかり徴収される世界です。

1人前以上が出されることもありませんし、少量にしたからといって返金があるわけでもありません。

良くも悪くも一定料金で一定量が食事として提供されてしまいます。

…ここ、とても残念な場面です。

あと一口の楽しみが絶対にないわけです。

食べ物の恨みは何とやら…と申しますので、確実な不満につながります。

あなたは唐揚げが大好物で、とても美味しい唐揚げが提供されたとしましょう。

しかし数は全員が2個ずつだけ。

あと1個食べたい!誰もが思うでしょうけど2個から増えることがありません。

日々、こうして少しずつストレスが蓄積して、施設のご飯に不満が募ることになります。

高齢者施設の食事が不満だらけになる理由とは?

大型施設ほど多様なニーズに応え、不満に応じる仕組みが出来る…わけではなくて逆です。

大勢に画一的に提供する食事はそれだけで個性軽視です。

いやいや肉嫌いの人に魚を代替できているよ…。

少しはマシですけど、冷凍のいつ入荷されたお魚でしょう?

去年?おととし?

まぁ、大勢に提供する…冷蔵庫に冷凍される野菜やお肉たち…。

本当にいつの物?

鮮度はゼロである上に、旬も崩壊しちゃいますよね。

もちろん、痛みやすい完熟の野菜や果物が登場することもありません。

きっと果物の多くは缶詰に頼ることでしょう。

冷凍された食材は解凍時に味が抜けます。

抜けたところに煮汁を詰め込み、誤魔化すわけです。

食感や食材の持つ栄養素が抜けてしまうことは確実です。

ここで国は儲け主義にならないように施設を監督する必要があります。

冷凍野菜は大量豊作で値段が下がった時に大量に仕入れてコストを下げます。

農家さんは豊作で価格が下がるのを覚悟で我先にと未成熟でも収穫して早めの出荷を目指します。

栄養素がそもそも足りると思いますか?

野菜100gで○○の栄養素が〇g…。

完熟のものと未成熟の物が同じなわけがございませんよね。

ですから、不誠実な施設はここで見抜くことが出来ます。

実地指導なんてせずに、食事を1食、抜き打ちで回収して分析してみますと、簡単に不実は見抜くことが出来るのではないでしょうか?(*^▽^*)

まとめ

まぁ、3章、何とも勢いで書いてますが…。

未確認ですよ、もちろん。

ただ数か月、私は1日1食、施設の食事を食べてみて思った感想は確実に飽きるでした。

家庭料理っぽくないんですよね。

例えば、個人個人の嗜好を伺うアセスメントの項目がありますが、活かせませんよね?

肉1つ考えてみましてもg100円のものからg1000円の高級肉までいろいろあります。

高齢者さんの好みの幅も同じくらいあります。

もう1口が欲しい…逆に飽きて多いと思う。

これが同列に扱われることにいまいち、集団生活だからといって納得がいかないなぁと思った次第です。

摂取量が少ないなら、良質で栄養価を挙げて量を下げる。

多くを食べたいなら、低湿でかさましをするか、別途料金を依頼する。

その日に食べなければならない食事なら、刺身などの生ものを提供したり、痛みやすい生鮮野菜を提供してみましょう。

この辺りが、高齢者さんの不満の原因かなぁと思うんですよね…。

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

介護の人手不足はなぜ?辞める理由は?深刻な状況を解消する秘策をご紹介

[ お局様が原因だったりして…(*^▽^*) ] はじめに 介護業界は深刻な人手不足…と言われています。 人が人の生活をサポートするのに箔付けの免許がハードルが高いと思われてしまうのでしょうか…。 い …

介護離職防止対策セミナー!なぜ?理由を理解して1人1人の輪を大切にしよう

[ 辞めた後、高齢者さん寂しがるのよね(*^▽^*) ] はじめに 介護の世界では離職者が多くて人材不足だとよく話題になりますよね。 在宅介護のケアマネ―ジャーをしていますと、あちこちの施設を覗かせて …

母の日の由来や意味をご存じですか?保育園児の子供向けに解説しよう!

[ 母の日ってどうしてできたのでしょう?(*^▽^*) ] はじめに 母の日は5月の第2日曜日です。 お子様が誕生されて初めて母になる…。 誕生するまでは親を想う子ですよね。 母の日のお祝いは丁寧に忘 …

子供の外遊び!春から夏を意識して啓蟄の頃には増やそう! アイデアをご紹介

はじめに 啓蟄の頃とは3月6日頃~です。 雪が降りにくく、日中も温かな日が徐々に増えてきます。 誕生から小学校以前のお子さんにとって外遊びの機会はとても大切です。 今日はその辺りを記事にしてみました( …

初任給でプレゼントを買う?家族や祖父母に…あ!自分にご褒美を用意しよう!その2

[ 初任給はもっと大事にしよう(*^▽^*) ] はじめに その2です。 その1ではプレゼントを周囲に贈る、ご自分には将来的な目線も大事で〇〇を目指してみてはいかが?…なんて内容にしました。 その2は …

  • 411,866 名の皆様に閲覧いただきました。