[ 半夏生 2日頃 ] 【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】

半夏生にタコを食べるのはいつから始まったいわれなんでしょう?

投稿日:2018年5月29日 更新日:


[ 蛸って大事にされてきた食材なのよね(*^▽^*) ]

はじめに

半夏生 ( はんげしょう ) は夏至( げし 6月21日頃 )から数えて11日目から5日間を半夏生と呼びました。

現在は7月2日頃の1日を指すことが多くなっています。

昔は田植えの目安ともされた日で夏至から半夏生までに田植えを行っていました。
 
『チュウ ( 夏至 ) は外せ、ハンゲ ( 半夏生 ) は待つな 』 と言う 「 ことわざ 」 があるくらいです。

夏至 の後、半夏生までに田植えをしましょうという意味です。

とはいえ、現在では米の品種改良も進み、田植えは6月10日前後頃に済んでしまい、半夏生に至る以前に終えてしまうようになってしまいましたけどね。

さて、昔から続く半夏生の日にはタコを食べる?

それはいつから始まった?いわれなのか?

…について記事にしてみました(*^▽^*)

  

スポンサーリンク




半夏生にタコを食べるって本当?

半夏生は古来より、農作物を育てるための大切な目安の日とされてきた日です。

無事に田植えを済ませて、後の豊作を願って各地では祈願を行うなど、宴席を設けて特定の食べ物を村の皆で共有して食べるという風習を尊んできたようです。

その習慣が今でも残っているのです。

そのうちの一つが『 タコ 』を食べるという風習です。

特に関西地方で多く見受けられます。

タコが足を広げて吸盤で地に強く吸い付く様子から、田植えの稲穂にも、しっかり地に根を張って欲しいという願掛けと共に風習が広まっていったと伝えられています。

また現代から紐解きますと、タコにはタウリンが多く含まれているので、夏バテ防止や疲労回復に効果があり、お酒やお薬などで影響を受けやすい肝臓の病気の1つである脂肪肝にも効果があるとされています。

農作業で疲れた体と宴席のお酒の疲労を癒すようで、効果的だった食べ物を偶然にも選択されてきた…とも言えますよね。

ですから、地域によっては、タコが手に入らない事情がある土地もあったり、他の効果的な食べ物にあやかる習慣となった様子です。

ご紹介しますと、香川県では1980年に7月2日を 『 うどんの日 』 として、古くから親しまれてきたうどんを食べる日に制定しています。

ですが、これ以降というわけではなくて、昔から農損では半夏生に皆にうどんを振る舞うという習慣があったようです。

海のない長野県では 『 はんげにんじん、なわしろごぼう 』 といってニンジンやゴボウ、芋汁を食べる習慣が残っています。

福井県大野市では江戸時代に大野藩主が、半夏生に焼き鯖を振る舞ったという逸話があり、今でも風習として焼き鯖を食べる習慣があります。

奈良県の香芝市では、 『 はげっしょ 』 という小麦を混ぜた持ちを作り、黄粉をまぶして、神仏にお供えしてからいただく習慣があります。

スポンサーリンク




半夏生にタコを食べるのはいつから?

この半夏生にタコを食べることがいつから始まったのかは謎です。

二十四節気、五節句などにあわせ、雑節として取り上げられる半夏生であることと農耕文化の広まりから、節目として大事にされてきた風習の中から、いつの頃からか民間に広まったものと言われます。

ですから、半夏生そのものも、半夏( 烏柄杓 )という薬草が生える頃とか、ハンゲショウ ( カタシログサ )という草の葉が半分ほど白くなって化粧を始めた頃だとも言われ、タコと結びつかない由来が多くうかがわれます。

明石のタコ…との絡みで意外に近代だったりして…。

半夏生のいわれは?

さて、そんな半夏生という日なのですが、この日までに田植えを終える目安の日とされてきたことと、この後5日ほどはお休みとする地方の風習もあります。

この頃に降る雨を 『 半夏雨 ( はんげあめ ) 』 や 『 半夏水 ( はんげみず ) 』 と呼び、大雨で荒れると言われています。

そして毒気が振るとも言われ、井戸に蓋をして防いだり、この日に採取した野菜を食べることを禁止するという地方もあります。

さらにこれは七夕でも同様に農作業を休むという風習として多くの地に伝わっています。

三重県の熊野地方や志摩地方では、 『 ハンゲ 』 という妖怪が徘徊すると言われ、この頃に農作業をしてはならないとまで伝わる風習を持つ地域もあります。

そんな妖怪伝承まである半夏生の日の真相は、梅雨の終わり頃で落雨や突風と天候が激しく変化することで、怪我人や死人が出ることが多かったためでしょう(*^▽^*)

まとめ

半夏生にタコを食べる風習はいつから始まったのかは釈然としないままです。

とはいえ、半夏生の日は梅雨から夏へ移行する時期であり、それまでにお仕事を片付ける目安にされてきたと共に半夏生前後は畑仕事を控えて…きっと内職をしてたんでしょうね。

だって、働かずに昔の方が日々の食を確保するのは困難でしたからね。

7月2日の半夏生から7月7日の七夕の頃まで天候には十分に注意した方が良いというのが半夏生の教訓と言えるでしょう(*^▽^*)

スポンサーリンク




-[ 半夏生 2日頃 ], 【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢者が特に注意しなければならない梅雨の歯磨きの大切さ

[ 歯磨きはゆっくり丁寧に(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 高齢者が梅雨の時期に歯磨きに注意することはとても大事なことなのです。 梅雨の時期に各ご家庭を悩ませるのは…カビで …

お中元やお歳暮など日頃の贈答品を個人の利用者様から介護事業所にはお控えくださいね

[ 贈収賄容疑で逮捕?(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 お中元やお歳暮の時期になると、決まって利用者さんやご家族さんからの贈答品の取り扱いで介護事業所内は揉める。 え? 揉 …

平安時代や江戸時代の昔からある夏の氷の保存の仕方は?食べる?飲み物?~現代世界どこまでも氷の記事

[ とことん細かい氷にシロップは最高よね(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 暑い夏…。 夏の暑さは昔も今も、きっと…その時代に生きる人々にとって同じくらい暑いものだったに違い …

特養の夏祭り!メニューや屋台に出し物にゲームと悩む企画担当者さんにネタをご紹介

[ 特養の夏祭りを企画してみよう(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 高齢者施設に求められる役割の1つに地域貢献や地域交流というものがあります。 地域の方と一緒に、施設の高齢者 …

夏休みに高齢者が子どもの成長を邪魔してしまうことになりかねないポイントとは?

[ 祖父母が育児方針に突っ込んではダメ(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 お年寄りがダメってわけじゃないですよ。 あるある~な話から、我が家のローカル? ってところまでいろい …





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

  • 369,420 名の皆様に閲覧いただきました。