自分のナンバーワンファッションを見つける為の心のあり方

[ archive ]


[ オリジナル発見は大事(*^▽^*) ]

はじめに

男性であれ、女性であれ、美しく、美々しく着飾りたい…。今回は女性向けのお話ですが…。

そんな欲求は尽きることがないものです。

情報が氾濫する中で、自分のオンリーワンの店と商品を見つけることはとても難しいものです。

人の数だけナンバーワンの価値はあるものですし…。

でも…本当にナンバーワンなのか、自分の判断に自信が持てない…なんて、猜疑心が湧き出ることもあるかもしれませんね。

特に難しいナンバーワンファッションを探す秘訣を本記事ではまとめてみました(*^▽^*)

自分のナンバーワンファッションの価値は?

価値を決めるのはあくまでも自分であるということが、とても大事です。

室内着から外出着まで幅広く服の用途はあるものです。

どの服も同じ店で調達することは難しいものです。

常にアンテナを張ってファッション情報を拾う…なんて最先端の行動が続けられるわけでもありませんね。

そこでナンバーワンファッションの定義ですが、自分が1番と思える服装です。

そうナルシストと思われるかもしれませんが、自分が1番と思える服装が最も優れたファッションであるということです。

だって、お店は誰も買ってくれない商品であれば、商品を作り、売る必要がない。

万人が購入してくれる価値がそこにあるから、店に並べている。

売れない服はただの布どころか、場所を取り、邪魔な在庫となってしまう。

あの手、この手でアピールもしていますが、結局は購入する人のセンスで選ばれる、選ばれないが分かれるものです。

では、自分にとって1番のナンバーワンファッションを見つけるには?

先述した自分が認める商品を求めることが1点目。

次に周囲の自分をよく知る、家族や友人知人が認めてくれるファッションであることが2点目。

そして一般が認めるようなファッションであることが3点目になります。

そう1点目~3点目まで全部、揃えると最高のファッションですよね。

でも1点目の自分が認める商品、納得する商品というだけでもナンバーワンファッションになり得ますよね。

人は自他共に認められてこそ、自信を深めて行動できるようになる生き物です。

自分を大事にする、家族を大事にする、友人知人、隣人愛を持つ…その中で見つけるナンバーワンファッションが最も至高のファッションに到達する道です。

たったファッション1つの領域ですが、自分と関わる深い人間模様があってナンバーワンファッションは形成されるということです。

周囲を大切にして率直な意見をもらえる環境で初めて満足できるファッションが見つけられるということです。

ナンバーワンファッションへの昇華方法

帽子、アクセサリー、靴、鞄といった小道具系の道具、ワンピース、スカート、ジャケット、ブラウスというメインの服。
パーツで分かれて組み合わせも多彩にあります。

ファッション雑誌を参考にしてみると配色や着こなし方、歩き方、姿勢までいろんな瞬間の絵を用意して魅力を語ってますよね。

もちろん1つ1つのパーツで、切りがないくらいの膨大な量がありますし、その中から1点だけのナンバーワンファッションを見出すことは難しいですし、捉われて悩む必要もありませんよね。

数点、手元に用意して組み合わせを楽しむことも大切なのです。

その日の天気だったり、気温や湿度、朝の目覚めに家族との会話、いろんなことでその日の気分が決まりますから、気分に合わせて選ぶ服装が、その日のナンバーワンでもありますから。

多くのパーツを手元に用意しておいて、周囲の意見を聞いて、最終的には自分でナンバーワンを選び切る、選択して決定する強さを持たねばなりません。

ナンバーワンの服装選びの道は生涯、毎日続くのです。

ファッションの世界は数億点の輝きから1点を見出す努力を日々、続けるようなものです。

あくまで自分の好みにこだわりを持つことも時としてありですし、周囲に集まる善人の意見を尊重する日もあります。

ちょっと変わった視点で、世界中の民族衣装の中から日本人用にアレンジされたものを選ぶ…なんてこともあるものです。

海外旅行に行く時など、郷に入れば郷に従えと言われるように衣装から整えるといった具合です。

もちろん日常着として取り入れるセンスの方向性の一つでもあります(*^▽^*)

最後に

インターネットショップでもファッション系の店は必須でたくさん増えました。

見て選べます(*^▽^*)

実際の店舗様では店長さんだったり、店員さんだったりの売り込みセンスに左右されやすいものです。

なかなかじっくり時間をかけて選ぶことができない。

触り心地や素材、丈とじっくり選びたいもの…。

インターネットサイトで検索すると、商品には触れないですけども素材から丈サイズ、用途の解説まで商品に関しては説明が追加され深みを増す方向性にあります。

もはやインターネットサイトを検索してビジュアルで選んで購入しても、外れることがない時代に突入したとも言えます。

実際の店舗様では店にあるだけの品物しか見れません。

インターネットは自宅に居ながらにして広く視野が広がります。

…どこもモデルさんが美しすぎ…。

…着こなしセンスも抜群…。

…私、ドラム缶…。

…ダイエットから励まねばなりません(/o\)

[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

[ ☆スポンサーリンク☆彡 ]



[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村