[ archive ]

高齢者レクリエーション!特養では時間を気にせず企画して効果取りを狙おう!

投稿日:2019年5月18日 更新日:


[ 不器用でも1歩ずつ積むことが大切よね(*^▽^*) ]

はじめに

要介護3~5の重度の方のためのレクリエーション。

楽しむ権利は、どなたにもあるもの。

何もせず、心穏やかに過ごせれば…そんな想いは健常者から見たビジョン。

寝たきりで過ごすことのもどかしさは、高齢者さんご本人様にしか分かりません。

寝たきりだから…。

認知症が重度だから…。

十羽一絡げにしてはいけない、レクリエーションの個別性の世界が当然あります。

もちろん、現在の慢性的な介護職員の人員不足がおきている特養で個別にレクリエーションを実施するのはとても難しい。

どうしても集団に画一的な提供を…そう悩むジレンマが介護職員の中で存在しますよね。

今日はこの辺りから記事を抽出してみました(*^▽^*)

高齢者レクリエーション!特養では時間を気にしてはいけない?

おむつ交換にお風呂の時間…。

食事は食中毒が懸念されるので〇時~〇時の間に…。

あらゆるリスクを考えていきますと、どうしても時間が付いて回る…そんな業務のあり方になっちゃいますよね。

お食事で言えば、作る人から後片付けの厨房スタッフのお仕事の都合…。

食事を介助して全員に摂取いただく介護職員のお仕事の都合…。

介助以外にも、現場での準備、食べていただく姿勢やおしぼりやエプロンの準備…。

食べこぼしてしまった後のお掃除…。

いろいろな絡みが存在するものですよね。

要介護度が重度になるほど、じつはこの時間の縛りがネックになります。

だって高齢者さんの1人1人で、抱えている障害やご病気が異なりますからね。

食べる時間、排泄する時間…体内時計の進みはとても個人差があり、異なるものです。

この辺りを注視して、さらにレクリエーション!となりますと、みんなで一斉にレッツゴー!とはならなくて当然だと思いませんか?

ですから、時間を気にせずにレクリエーションを提供してみよう!というタイトルになったわけです。

全員で一斉に楽しむレクリエーションも出来ないことはないですが、けっこうな負担が高齢者さんご本人は当然ながら、あちこちの関係者にも生じてしまうものです。

ここは発想を転換して1人1人が取り組み、成果を目指すレクリエーションを企画してみてはいかがでしょう?

高齢者レクリエーション!特養で時間に縛られない企画をする方法とは?

1人1人に対してアプローチを考えますと、50人の高齢者がおられれば50通りのレクリエーションが誕生します。

バラバラにスタートして、50通りのレクリエーションを済ませることは介護職員さんの頭脳から時間を作る作業、結果を分析することまで、負担はとても大きいものになってしまいますよね。

何より50通りを考え、経過をリードしつつ把握し、事故リスクゼロで成果を確認することは至難の業です。

もし…50通りを企画して安全に達成する道があれば…実践されますか?

じつは、簡単な解決方法があるのです。

□ ケアプランに盛り込んで整理する
□ ケアマネージャーが評価に臨み、ケアプランを改訂する

この2点がコツの第一歩です。

ケアプランで日課としてレクリエーションを組む時に、個人個人の趣向からレクリエーションを設定します。

どんなレクリエーションを、どのように取り組むのかまで、丁寧にチーム内で決めてしまいます。

あとはケアマネージャーが定期的にレクリエーションの進捗程度を確認して、軌道修正の音頭をとるわけです。

書面化することが第一歩。

参加した実績や完成した作品はそのままモニタリングとしての成果になります。

あとはケアマネージャーさんの企画力とモニタリング力が重要というところです。

ここで、間違っても現場の介護職員さんにモニタリングを書かせるという手間省きをケアマネージャーさんが選択してはいけません。

ケアマネ―ジャーさんの第三者視点での記録を重視しましょう。

これを外すと、レクリエーションは確実に寂れてしまい、やらなくなってしまいます。
そう、書く書類が増えて、仕事が増えた!となりがちで良質なケアプランから遠くなってしまうわけです。

仕事の押しつけや命令ではなくて、自らが積極的にケアプラン運営に参画することがケアマネージャーには求められています。

高齢者レクリエーション!特養の利用者さんに効果取りをしてもらおう!

さて、効果取り…聞き慣れない言葉遣いですよね。

1章で時間に縛られないようにしよう!という話題。
2章で個別性を大切にしよう!という話題。

そしてここ3章はまとめになるわけですが、効果取りをしよう!という話題です。

障害やご病気が重い方ほど、わずかな時間や労力で効果を見出せるようにせねばなりません。

起きられる時間、活動できる時間が個別に違うナイーブさがあるからですよね。

そして、1人ずつに個別レクリエーションを実施できない施設の人員の実状…。

これを加味して、レクリエーションを産み出す効果的なご提案があります。

レクリエーションは1日で完結しない!

何日かけてレクリエーションを行っても良いじゃないですか。
数日かけることで、大作が完成することもありますからね。

完成したり、完結することで得られる満足感は、きっと何物にも替え難い喜びがあります。
この喜びを得ることこそが、効果取りです。

レクリエーションの効果を細分化してステップを踏む!

言葉を話せない方には、顔のパーツ1つ1つに語り掛けてみましょう。

□ 眉が動かせる
□ 唇を動かせる
□ 血圧が変動する
□ 静かに寝息を立てられる

このような微弱な反応を、バイタルサインチェックの際に拾いながら、記録してみましょう。

関わり方1つで変化をもたらせることも多々あります。
□ 音
□ 匂い
□ 光
あらゆるパターンで刺激を楽しんでいただくのです。

笑っていただける方には、一言の台詞を発声いただくことへ。

お話ができる方には、足底を踏みしめる一歩へ。

失われた機能は緩やかな復権へ。

ご本人様の努力が、少しずつ1日1ミリずつでも進歩するように、お手伝いをレクリエーションの中で企画していきましょう(*^▽^*)

まとめ

まとめ…と言いつつ具体例をば…。

声をかけても、体を揺すっても反応が無い…。
食事だけは口元に匙を近づけると口を開いてくださる…。

食べることだけが残された楽しみとなった寝たきりの高齢者さん…。
そのような方も実際にはおられます。

熱いものは火傷するのでリスクがあるから、冷たい物や食感のいろいろを提供して記録に残してみましょう。

さしすせそ…。
□ 砂糖
□ 塩
□ 酢
□ しょうゆ
□ ソース

副菜
□ 肉
□ 魚
□ 野菜
□ 穀物
□ 果物

どんな組み合わせで、どんな新しい反応を見せていただけるのだろう?
□ 1日1回の取り組み
□ 2日続けての取り組み
□ 1週間の空白後の取り組み
□ 1ヶ月ぶりの取り組み
□ 1年振りの取り組み
このようなデータから得られる結果もきっとあるのではないでしょうか?

出来ることは無限にありますよね。

これをケアプランにして、毎日レクリエーションとして、工夫を1つずつ丁寧に楽しんでいただくのです。

再び創造する…レクリエーションの本質にも合致しますよね。

きっと復権されることもそうですが、努力して挑戦するレクリエーションの過程は、高齢者ご本人様の好みの調査に近いと思われるかもしれません。

寝たきりの方の好み…分かってくると、介護のお仕事でお世話をすることがとても楽しくなりますよね(*^▽^*)

あ、簡単にまとめますと、
時間にしばられず数日かけて成果を得ればいいんですよ(*^▽^*)
というお話でしたm(__)m

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

介護施設に入所拒否する高齢者!嫌がる理由は?説得の鍵はどこにある?

[ 苦痛は当然、誰もが嫌うことだよね(*^▽^*) ] はじめに う~ん、難しいテーマですよね。 介護施設って、個別対応とか自由度の向上、地域の輪を大切に…をスローガンに改革に挑む施設も出てきています …

介護を受ける祖父母のために母の日と父の日を祝う演出の整え方(*^▽^*)

[ とおちゃ、かあちゃ、大事にするでよ(*^▽^*) ] はじめに 介護を受けるようになった祖父母を抱えて介護にいそしむ子世帯。 介護が必要になった両親だからこそ、父の日と母の日は大切にして日頃の感謝 …

自分のナンバーワンファッションを見つける為の心のあり方

[ オリジナル発見は大事(*^▽^*) ] はじめに 男性であれ、女性であれ、美しく、美々しく着飾りたい…。今回は女性向けのお話ですが…。 そんな欲求は尽きることがないものです。 情報が氾濫する中で、 …

遠方に住む高齢者となった親の一人暮らしはリスクが多いので、同居や転居を勧めるべきか否か…。

[ 古民家も近年、人気よね? ] はじめに 核家族、転勤族、社会の発展と共に家族のあり方は大きく変わってしまっています。 夫婦二人の間は何とかなったことが連れ合いを無くし、一人暮らしになると、いろいろ …

子どもは幼児であるほど海嫌い?遊びとおもちゃとお弁当のおすすめをご紹介

[ 母なる海!丁寧に伝えてみようね ] はじめに 子どもの育ちの中で、いろいろな物事を経験して心大らかに成長して欲しいと願いますと外出先に一度は海や山を考えますよね。 でも、子どもは大きすぎたり、理解 …

  • 438,391 名の皆様に閲覧いただきました。