施設で暮らす高齢者がとても喜ぶ食べ物はペヤング?

[ ☆ 最新記事 New Article☆彡 ]

1はじめに

受付嬢
受付嬢
BGMをご用意しました。
お好みで▷ボタンでお楽しみください。

今日は個人的に大好きなペヤング愛を説いてみました。

そして施設で暮らす高齢者さんにも、気軽にペヤングを提供することが出来たら…。

看取りに至るその前には、是非、一度は試してみる価値あります。

これ、画期的な案では…と思ったので、記事にしてみました。

ペヤングの香りと味、そして他の追随を許さない圧倒的なボリュームとカロリー。

是非とも、ペヤングのパンチ力を皆様の施設でも採用してみてください。




2なぜに高齢者施設でペヤングを採用?


高齢者施設では、栄養士さんがカロリー計算をして、調理員さんが仕入れから準備をして、最後の下膳まで朝から晩まで裏方で365日を担ってくれています。

日頃、介護というと現場に目が向きがちですが、施設の食を支える栄養士さんや調理員さんも立派なお仕事をしています。

皆様の日々の労働があって、こうして三度の食事とおやつが途切れることなく提供されています。

それ自体は、とてもありがたいことです。

さらに言いますと、高齢者施設の現場では、

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、
歯科衛生士、ケアマネージャー、介護士さん

多くの職種の人々の知恵と工夫が、1人1人の高齢者さんの、それこそ毎食の食事摂取に向けて様々なアプローチが展開されています。

でも…ちょっと待てよ…と、疑問に思ったのが、今回の議題の始まり。

・予算はこうだから材料費・人件費はこう…。
・調理時間はこの時間までに…こう…。
・食べる姿勢や首の角度は…こう…。
・高齢者さんの一口の匙加減、量は…こう…。
・スライスカットしてスプーンに対して平板に…。
・匙はこういう角度で口に入れる…。
・車いすのリクライニング角度は…こう…。
・口内に残りがなくなってから…こう…。
・一口ごとにお茶を飲んでいただいて…。
・後片付けと次の準備があるから…このように…。
・食事介助の介護人数はこの人数で…。
・この時間内に食事をしてもらわないと…。

老いてからの生活は、あらゆるところにリスクが潜みます。

施設で暮らす高齢者さんには、食事の毎回に、誤嚥や喉詰めといった事故のリスクが伴ってしまうのです。

加齢やご病気などで、誰にでもリスクは徐々に高まってしまうものです。

安全重視を謳いながら、専門職と共に対応する方法も様々な角度で細分化しているのです。

先述してきたような工夫を知れば知るほど、専門職がテクニカルを凝らすほどに、雁字搦めで、窮屈な食事風景に変化してしまうのが容易に想像できるのではないでしょうか。

さらに言いますと、介護保険などの制度として、大元の予算や時間、介助人数が限られてしまうと、周囲が大変、慌ただしくて、口に詰め込まれてしまうかのようななんとも落ち着かない食事風景に変貌してしまいがちです。

高齢者をとりまく窮屈さと苦痛は、知れば知るほどに鰻登り感じられてしまいます。

この辺りは、押して知るべしです。

今日は、これらの高齢者さんの施設での食事への不満を全部、破壊できるような一品を今回、見つけたのでご報告です。

ペヤングです。

ペヤングはインスタント焼きそばです。

『ふざけるな』と、一部からお叱りを受けそうな選定ですが…。

皆さんも、ペヤングを一度は食べたみたことないですか?

とても美味しいです。

私もよくペヤングを購入して食べて、アレンジもして食べています。

じつに、ペヤングは飽きさせない魅力的な味なのです。

食事は楽しく明るく!時間にゆとりを持って!
POINT
POINT


3ペヤングがなぜ有益なのか?


今回、採用したべヤング。

皆様ご存じのインスタント焼きそばです。

メリットを挙げると、
□ 安価なインスタント焼きそば
□ 国民に愛されるソースの香り
□ そして高カロリー。
□ お湯があれば3分で完成!

一般的に鉄板で焼きそばを作る時のイメージではペヤングでは超大盛の量が妥当でしょう。

ペヤングでは、その超大盛の量は237g。

そのカロリーは、何と1081㎉もあると記載されています。

ペヤングを朝から1食と半分を目安に食べてしまうと、高齢者さんの平均の1日の摂取カロリーを十分に摂れてしまう。

お湯も820mℓを使って作られ、潤沢に水分を含むことになります。

水分不足とカロリー不足を同時に1食で補えてしまうのです。

ペヤングが食欲を弾ませるPoint

ペヤングを食欲減退中の高齢者さんに提供する。

そのコツはとても簡単なことです。

ペヤングを出来立てで、すぐに高齢者さんの手元にお持ちして提供する。

施設では大勢の人数の調理を行うので、通常は保温機器で運びますが、それでも若干は冷めてしまう。

あるいは煮詰まってしまい、味が濃くなってしまう。

ペヤングを大量提供するとなると、冷めてしまい、水分を吸って味も匂いも薄くなってしまう。

再加熱しても煮詰まってしまうなど、失敗してしまう要素があります。

ペヤングの匂いと味を最大限の状態で高齢者さんの手元にお届けした時、高齢者さんが手元でペヤングを受け取って喜びを感じるイメージと食べた結果が合致しなければいけません。

皆さんの家庭でも、美味しい食事は作ってすぐに食べられるようにするはず。

インスタントでも、作り置きがまずくなっていく原理は同じです。

ペヤングを提供する方法

ペヤングを提供する方法があります。

なんと申しましてもインスタント焼きそばは、作ってすぐに食べる

あなたのために今、作りました。

あなたの鼻が喜ぶように、匂いが立つ最高の瞬間にお届けしました。

ここまで書くと、ご理解いただけると思いますが、あなたのために出来る私が考える最高のタイミングで、ご用意しました。

準備から提供するまでの心尽くしが、ペヤング1つに込められて高齢者さんに届けられるのです。

受け取る高齢者さんにもペヤングを通じて作る3分と届ける時間を含めて5分と単純明快に分かる。

自分だけに集中した真心が伝わるというところが、じつにシンプルで、心地よさが、とても伝わりやすいのです。

§3 ペヤングにオプショナルを試す

さらに美味しく、ペヤングを高齢者さん個々人の好みに合わせて、トッピングを追加して提供してみる。

インスタントという手軽さながら、立派な焼きそばですから、定番の天かすや紅ショウガやネギなどを添えてみてもより美味しくいただけるでしょう。

奇をてらって、
・チーズ
・マヨネーズ
・和風ソース
・たらこマヨネーズ
・海苔の佃煮
・納豆
…などもペヤングと相性が良いアクセントとして映えます。

ご参考に過去記事から…。

たこ焼きのアレンジです。

またペヤングは多くのオリジナルの商品開発に余念がありません。

既に発売されている多くのバリエーションを提供してみるのも次段階として、大きな好評を得ることが期待できます。

じつに、たくさんのバリエーションをペヤングの専門家様が開発してくださっています。

ペヤングを提供するのに、まずはペヤングをそのままシンプルスタンダードで提供。

2回目はペヤングの一部にトッピングを添えて提供する…。

3回目はペヤングに添えたお好みのトッピングを

適度に混ぜて楽しんでいただいてはいかがでしょう?

ペヤングをどんどん個人好みで食べられるように提供する。

こうすることでさらに飽きないペヤングの食べ方が進むのです。


4ペヤングを推薦したけども…。


ペヤング以外にも、もちろん多くの焼きそばが市販されています。

UFO、明星一平ちゃん…。

さらには、麺類つながりでカップヌードルも魅力的です。

どれもソースや味に、各社の歴史とひと工夫が光っています。

ペヤングと共に高齢者さん個人の琴線に響くような、匂いと味がきっとあることでしょう。

そんな辺りまで、高齢者さん各個人に向けてアセスメントをして提供ができたなら、施設に暮らす高齢者さんの食のあり方をより豊かに改善できるのかなと思います。


5まとめPoint(結論)


高齢者さんのアセスメントをした。

専門職による一通りのアプローチをした。

それでも食欲が減退して歯止めが効かない場合、ペヤングを試してみよう。

食欲をそそる香りと強烈なカロリーの数字。

施設に長く暮らしている高齢者さんほど、高齢者さんに懐かしさと大きなインパクトを提供できます。

日常のお惣菜と定番メニューに飽きた高齢者さんには、ペヤングの提供は至極にして、お勧めの一品になること、間違いありません。

家庭の味、懐かしさは立派な調味料です
POINT
POINT


6後書き


誰もが歳を取り、高齢になっていく。

亡くなる前には、食事が摂れなくなってしまう。

自然の摂理です。

ただ、専門職として最善を尽くし過ぎた結果、高齢者さんの人生を誤った終焉に導いてしまったら?

目指すのは誰もが後悔無き終焉のはずです…。

思い残すことは何もありません…、そう仰っていただけるように…。

最善を尽くすための思考法の1つとして今回はペヤングをご紹介したつもりです。

そこで私は日常の生活から、高齢者施設でこの二十年の間、見たことのないインスタント焼きそばを記事に選択してみました。

日常で私が時々、食べているペヤングなのですが…。

高齢者さんたちも入所前には、ごく普通にペヤングを食べていたかもしれません。

高齢者さん各人それぞれに高齢に至る食文化の歴史があるわけで、きっと懐かしさと匂いと味のインパクトは記憶の片隅にきっと覚えておられるはず。

同時に専門職による窮屈にされた食事環境よりも、より良いであろう個別性を届けてみたいなぁと。

他職種の関りというのは、どうしてもそれぞれの専門職の矜持や役職パワーバランスに駆け引きされてしまい、無難に利害がまとまってしまう。

専門職として枝葉が別れても、人である以上、1人1人を個にして全として見る視点をけっして忘れないようにせねばなりません。

施設の食事でペヤングは…絶対に出ることがありません。

個別に食べていただけるようにしていますよ…という施設様は優良事業所です。

何より高齢者さんの個性を大切にしている証拠と言えるかもしれません。

管理人
管理人
本記事の閲覧、
誠にありがとうございました。
お気づきのご感想を
是非、お寄せくださいましたら幸いです。

[ ☆ブログランキングに参加しています☆彡 ]


人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護の豆知識へ
にほんブログ村

[2つも参加して欲張りですが…、
応援をよろしくお願いします]





関連記事一覧

  1. 興味深く読ませていただきました。
    食事。栄養摂取について課題があると、介護用の栄養食品という流れになりやすいですが、普通に美味しいもの食べる方が自然ですよね。
    薄味、柔らかいものなどが介護施設で提供され、インスタントやジャンクフード的なものはまず提供されることがないですが、在宅生活送っていたら普通に食べている方が大半なんですよね。選択肢としてペヤングも挙がるような雰囲気になると良いなぁと考えさせられました。

    • niiro makoto

      コメントありがとうございます

      ご来場ありがとうございます。
      ペヤングってすごく美味しいので
      私は非常食のストックも兼ねて
      まとめ買いするようにしています。
      今後ともご意見ご指導よろしくお願いします(*^-^*)




[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村