[ archive ]

高校生で卒業式の後は進学?就職?バイト?旅行?あなたはどうする?

投稿日:2019年1月21日 更新日:


[ とことん今を楽しんでね(*^▽^*) ]

はじめに

無事に高校をご卒業された皆様…。

とても頑張られましたね。

ご卒業、おめでとうございます。

次の進路はお決まりですか?

卒業から次の進路までの間の過ごし方の辺りを今日は記事にしてみました。

ご参考にしていただけたら幸いです(*^▽^*)

高校生の卒業式後は魅力が満載!ところで進学?就職?

高校生の卒業式が終わりますと次の日程までスコンっと日程が空くんですけど、いろいろと予定は組めていますか?

3年間の高校生生活はいかがだったでしょう?

中学校とも違い、一歩進んだ仕組みの授業でしたよね。

選択科目もあり、1コマの時間も拡張…。

私の場合、30年前を振り返るとそんなイメージがあります。

卒業式から3月31日まで受験も就職活動も続くなんて方もおられますよね。

この年頃の活動は何をしても無駄にはならないものです。

何もしないという無駄だけを避ければ大丈夫。

若い体力と旺盛な好奇心、ついでに謙虚さを持ち合わせて行動しますと完璧です。

大きな選択肢は進学して大学、専門学校。

就職して働く。

親元の事業を手伝う~なんて方もあるかもしれませんね。

ここで次の4月からの様子ですが、社会人から見て高校新卒者は…まだまだ子どもです。

こう書くと『 子どもじゃないやい! 』と言われますが、オブラートに包み保護されながら温かく迎えられます。

この先、一定の謙虚さを持っていますとオブラートに包まれ、とても可愛がられて大事にされます。

これは進級でも就職でも同じ。

若くて体力と覇気と勢いで、いろいろと成果をあげることができるのです。

高校生の卒業式後は魅力が満載!アルバイト?旅行?

若さで成功が約束される高卒生ですけども、出来たら効率よく人生を上昇して謳歌していきたいですよね。

1日1日を大切に活動したい意欲溢れる気持ち、よく分かります。

高校卒業後の春休みはどう過ごされますか?

アルバイトで以後の生活資金を捻出する、同級生と思い出作りの旅行に出掛ける…いろいろなことにチャレンジされていますでしょうか。

アルバイトにしても、旅行にしても、『 今がチャンス! 』ということは優先するようにしてくださいね。

機会や時期を逃すと再びは巡ってこないことも世の中にはたくさんあります。

特に仲間との時間、彼氏彼女との時間をどう過ごすのかも、とても大切です。

じつは、社会に出ますと自己判断でお仕事を進めていきますけど、他者が見る、検査するという相関関係の中で仕事をします。

自分一人のようで大勢と共に歩む感覚がとても大事になるのです。

この中で多くの方の発想や感情に揉まれつつ、仕事の成果を達成していきます。

身近な仲間も大事に出来ない人はまず大成しませんからね。

そして身近な仲間との今後の人生、大切にされますと将来に渡る財産になるでしょう。

アルバイトの方におすすめ

アルバイトで得た経験は記録するようにしましょう。

出会った人にいただいた名刺やチラシなどを綺麗にファイリングしておきますと、将来、ひょっとしたところで意外な活用に繋がることもあります。

そして貯蓄ですが、証券口座の開設や学び、保険契約などの知識に結びつけていかれますと人生を豊かに過ごす基礎がスタートします。

旅行の方におすすめ

旅行はどの行き先であっても人生にメリットになります。

アルバイトの方に同じく旅先の写真や切符、パンフレットなどを丁寧にファイリングすると良き思い出になると共に、自分の見識を深めることに役立ちます。

私が現状、書いているようなブログを立ち上げて、旅先の出来事やおすすめの宿や食事などを細かく紹介したりしますと立派なブログが完成します。

旅先での見聞や出会う人が、あなたの人生の良き出会い、豊かさにつながることもあるでしょう。

高校生の卒業式後は魅力が満載!おすすめを老婆心ながら…

さて、進学までの受験勉強、就職活動でとても頑張ったところで…。

アルバイトに旅行にと精力的に活動される卒業生のあなたへ…。

何でも出来る!達成出来る魅力と可能性、才能がある!

そこは間違いありません。

じつは4月から進んだ先では大学や専門学校であれ、就職であっても数点、誰からも指摘されたり強要されなくなるものがあります。

お金の使い道!

お金の使い方や増やし方、使い道は誰も指導してくれません。

銀行や証券会社に口座を開き、お金を運用することも学ばねばなりません。

ちなみにですね、計画貯蓄と言いまして、毎月1000円で年間12000円。

10年で120,000円になりますよね。

これ、10年間、きちんと続けられますか?

これが出来る人ほど社会的な信用を得ます。

一定額以上、一定期間以上のルールを守った先には銀行や証券会社から担当の方が就いてくれたりして、より効率的な方法などを教えてくれたりします。

この辺りの勉強のスタートは早いほど成功につながりますよね。

資格の取得の仕方

現在の世の中、どんなお仕事も資格が支えています。

近年では生活を支えるタイプの資格も増えています。

どの資格をどのように累積して幅を広げていくのか…。

この資格のあり方も人生を大きく左右することになりそうです。

おすすめの資格としてはですね。

簿記…どの会社もこれを元にお金を計算しますので方法を知っておくと将来、あなたが起業することになっても大きな支えになるでしょう。

問題集は全国の書店にありますし、申し込みは地元の商工会議所で行えます。

起業相談なども商工会議所になります。商工会議所には、資格取得の頃から起業後もずっと丁寧なお付き合いを心掛けたいものです。

あとはお好みですかね。

どんどん試験にチャレンジして資格の山を築きましょう(*^▽^*)

きっとトラブルの少ない人生に出来るでしょう。

若い方に40代の心境を…

10代~30代と40代以降…体力的に大きな差を感じます。

親となり、子にお金がかかり出したり、家賃に税金に…いろいろな支出…。

働き盛りの40代と言われますが、内実は精密検査でも異常が何かしら出てくるもので…。

体と知識のメンテナンスが必須になっていきます。

親は高齢になりますので、介護関連も背負うことになるかもしれませんね。

この辺りでお金に時間に…いろいろな世代の悩みを抱えるものです。

早くから備えられますと乗り越える壁は低くなりますよね。

グローバル社会と言われ、世界に飛び立つことを勧められる世の中ですが地元意識って大事かもしれません。

友だち付き合いや親の介護なんて考えていたら、飛び出せませんよね…。

グローバル化と比例するように地元活性化という道も世の風潮の1つです。

将来を見据えて地元をより深く知っておくことも、大切かもしれません(*^▽^*)

まとめ

高校を卒業した時、私はとにかく達成感に満ちていましたし、アルバイト派でしたね。

その後は大学に進み、就職したわけですが…。

その当時はそれがベストと判断して活動するのですが、あの頃にはこうしておけばなぁという後悔もあったわけで…。

45歳から18歳の頃の自分を振り返りつつ記事にしてみた次第です。

お金の仕組みが分かり、やりたいことが出来る40代になるには育児や介護の壁を乗り越えねばなりませんし、公務員や教師、医師などの高額収入の職業に就職することが手っ取り早いですが、工夫次第で並ぶ生活水準を手に入れることは不可能ではありません。

…でも、公務員や教師専用の保険などもありますからね…。

やはり並ぶのは、相応の工夫と努力が必須になります。

人生を豊かに、充実して過ごしていただけたらなぁと思い記事にしてみました(*^▽^*)

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

土用の丑の日にうなぎを食べる日になった由来は平賀源内が一説ですよね

[ 栄養バランスは大事よね(*^▽^*) ] はじめに 土用の丑の日。 スーパーでもうなぎの特売日です。 …たくさん売れるのに、あんまり安くはないですけどね…。 縁起物の日です。 食べても食べなくても …

高齢者のレクリエーション3月!ひな祭りで楽しい1日を企画してみよう!

[ ひな祭りの雰囲気が大事よね(*^▽^*) ] はじめに 3月3日はひな祭り。 女の子のお祭りと言われます。 小さい子どものためにお雛さまを飾る風習が目立つところなのですが、桃の節句、上巳の節句とも …

高齢者施設の面会どうしてる?禁止や拒否?リモートはどうしても限界?

[ 写真は難しかったの…(*^▽^*) ] はじめに 高齢者施設の面会はどうしてますか? 禁止したりして施設側から拒否してますか? いくらコロナウイルス感染症対策だからと伝えても、何カ月も入居している …

11月3日の文化の日!高齢者施設の行事食はどうする?

[ 牛鍋ではなくてすき焼きです(*^▽^*) ] はじめに 高齢者施設の食事って…。 食べやすくて…。 美味しくて…。 飲み込みやすくて…。 と、いつしかお金も絡んで条件が重なるほど単調になってしまう …

季節の足音!秋がもうすぐそこに…夏の暑さもあと少し!何を楽しむ?

[ 記事に関係ないけど沖縄の夏秋の風情(*^▽^*) ] はじめに 記事を書いているのは6月…話題は8月下旬~9月のことです。 暦の上では既に秋ですが実際の体感としてはこの頃に秋を感じられますよね。 …

  • 409,773 名の皆様に閲覧いただきました。