[ ケアマネ―ジャー ] [ 介護保険 ] [ 月間の話題 ] 【 ☆ 6月 June 夏 ☆彡 】 【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】 [ 月間の話題 ] 【 ☆ 8月 August 夏 ☆彡 】 [ 月間の話題 ] 【 ☆ 四季 Four Seasons ☆彡 】

介護支援専門員の女子が夏場にお仕事の合間で気をつけていること。

投稿日:2018年4月19日 更新日:


[ 女性は何かと大変なのよ(*^▽^*) ]

はじめに

介護支援専門員だけではないですけど…女子が夏場に気を付けていることをまとめ記事にしてみました。

じつは…涙ぐましい努力があるのです。

介護報酬は低くて実入りは、とっても少ないですが、頑張ってます。

いつもは固い記事ですが、ちょっと角度の違う記事をご用意しました(*^▽^*)


スポンサーリンク




介護支援専門員の女子は夏場でも頑張っている

夏…とても暑いですよね…。

暑さで汗かきますよね…。

汗で化粧落ちしますし…何より匂ったら嫌ですよね…。

陽射しにも焼けたくないです…。

そう…これは介護支援専門員の女子の半数以上が唸って、夏場に注意している事です。

介護支援専門員には、施設内で働く方と利用者さんの自宅に向かう居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員さんの2種類にお仕事場が分類されます。

後者の居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員さんの夏の悩みが、先のセリフになります。

普通じゃね?

そう思わないでくださいね。

特に夏の車中で運転席は右側…何の対策もせずに走り回ったら、ひと夏で右腕と左腕の色が変わるくらいの日差しを浴びるのですから…。

防護しまくりますけど、防護するほどに脱水になりかけちゃいます…。

それに、移動から移動に次ぐ移動ですから、会社の年季の入った車なんて空調が効く前に次の家に到着…窓を開けて車を走らせても熱風が舞い込む有様…。

と、お仕事を義務感と隣り合わせで踏ん張りつつ、頑張っているわけです。

化粧も日に何回やり直すことやら…。

女性介護支援専門員が身嗜みに、苦しさを感じるのが、夏なのです。

経営者さん…夏手当くださいm(__)m

スポンサーリンク




介護支援専門員の女子が夏場の実務の合間で気配りすること。

脱水…利用者さんに再三、
『 水分が大事です!脱水に気を付けてね 』
と促して回るんですけど、自分が脱水になりかける…。

汗の匂いを気にして香水や消臭パウダーを使いまくるので、微香や無臭の商品を使うけども…それでも周囲に悪臭を放っていないか…とても気になります…。

どんなに疲れていても、毎日、ちゃんとお風呂に入りますけど、ニキビや吹き出物…肌荒れにつながるのが、とっても嫌…。

それから書類に汗だったり、化粧品が付着しないように気を付けたり…。

この辺りはどの介護支援専門員さんも同じですかね。

でね、女子は家に帰ると主婦だったり、母親だったりというポジションである場合が多いんです。

もちろん独身貴族の方もいますけど…。

6月はお中元選び、7月は子どもの夏休みスケジュール、8月はどっぷり子どものご飯を考えて、お盆の準備もある…。

夏休みは…有給休暇も取ろうと思えば取得できるけれども、お仕事のスケジュールが取得するほどに首を絞める構図…。

家庭とお仕事の両立…男性より女性の方が厳しくないですか?

介護支援専門員の女性は、超人的に働いていると思うんですが?

介護支援専門員の女子が夏場の実務の合間でさらにプラスαで頑張っていること

来客があった時、お茶を出すのは女性の役目…。

たまたま事務所に戻るとお茶汲みです…。

いろいろと女性ということで、するお仕事もあるのですけども…。

介護支援専門員の知識に、男性も女性もないのですが…。

利用者さんは女性の介護支援専門員を頼る傾向にあります。

生活向きのことが多いだけに、主婦の延長たる知識を期待されるのか、押しの弱さというか、甘さを頼られるのか…。

男性には男性向きの良さもあるんですよ。

例えば、救急時にはとても、その力が助かることがありますし。

自宅で急に介助を必要とする時の力や行動しやすい服装であったり…。

ビシッとダメなことはダメと言い切れるのも男性の方が有利かもしれません。

さて、女性の介護支援専門員が他に頑張っていることは環境美化活動ですかね…。

職場に花を飾り、水を入れ替えて…床の掃除機掛けにワックスがけも…。

そんなお片付け作業もこまめに行ってます。

夏前は特に空調回りまで、しっかり掃除しておきませんと…。

夏風邪の原因になってしまいますから。

介護支援専門員のお仕事…楽じゃないですよ…

最後に他にもある苦悩は…本音のところは?

特に居宅介護支援事業所の介護支援専門員…。

事業所加算と言って24時間、介護支援専門員に連絡がつくこととか。

どれだけ介護支援専門員の頭の中身が必要?
ってところなんですけど、夜でもやはり携帯電話がなる。

寝ていてもお風呂に入っていても傍らに携帯電話が離せないわけです。

主婦業もあるのにぃ~と、唸りつつも電話に出て応対する。

私の場合かもしれませんが、深夜帯に月に1回は鳴りますね、電話。

それもかなり濃い内容で、目が覚める内容のレベル(/o\)

分かるけども…分かっちゃいるけど、応対しているけども、しんどいです。

手を抜きたくなりますし、事業所で当番電話って、方法も考えましたが…責任回避だなぁと判断して個別携帯のままです。

これは夏に限ったことではないですけどね。

夏の寝苦しさを解消して、取れる時に休息をしっかり取ることも、介護支援専門員、特に女性は大事です(*^▽^*)

後書き

介護支援専門員は間違いなく女性が主力です。

頑張れ!男性諸君…ではなくてどっちでも大変ですよね。

夏は体力勝負なところが大きいです。

美容と健康に気遣いながら、休息もしっかり取らないと。

家事や育児、文化的風習まで、いろいろとやることの多くなる夏ですから…。

皆様の奮闘…無駄じゃないですよ。

それで救われている利用者さん、たくさんですから。

くれぐれもお体をご自愛くださいね(*^▽^*)

スポンサーリンク




-[ ケアマネ―ジャー ], [ 介護保険 ], [ 月間の話題 ], 【 ☆ 6月 June 夏 ☆彡 】, 【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】, [ 月間の話題 ], 【 ☆ 8月 August 夏 ☆彡 】, [ 月間の話題 ], 【 ☆ 四季 Four Seasons ☆彡 】
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

介護のトイレ介助!ウォシュレットと回数と2人介助で完璧よね?

[ トイレは広すぎても狭すぎても落ち着かない(*^-^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 さて、介護施設の皆様のお悩みの介護場面。 どうしても排泄の話題が登場しますよね。 頻度と手間… …

引きこもりから外出してみたら怖さと疲れと筋肉痛?解消のおすすめ

[ 誰かと一緒は落ち着きますよね(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 コロナウイルス感染症で外出自粛を続けて引きこもり生活を続けた日本人。 目に見えないウイルスとの闘いは、とて …

高齢者の風邪対策!病院で治療や点滴を受けて完治後しばらく食べ物にこだわろう!

[ 治ったと油断大敵ですよね(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 ケアマネージャーとして担当する利用者さんに頻繁に話題をしたのが風邪と食べ物のお話。 好き嫌いの把握もして、これ …

介護現場の課題とは?崩壊を防ぐのは職種の壁と報酬意識を除くこと!

[ やっぱり利用者さんに目を向けよう(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 コロナウイルス感染症の影響から見えたもの。 介護現場や医療現場の崩壊…なんて言葉も飛び交いました。 そ …

介護支援専門員と実地指導の応対と対策は?福彩心流まとめ

[ 恐怖の実地指導ですかね?(*^▽^*) ] はじめにMenu1 はじめに1.1 関連 介護支援専門員をしていますと、実地指導が何年かに1回くらい? 不定期でランダムに回ってきます実地指導が、最大の …





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

  • 370,168 名の皆様に閲覧いただきました。