[ archive ]

0歳児の赤ちゃんプールは自宅でいつから始める?グッズの用意と事故防止はどうする?

投稿日:2019年5月8日 更新日:


[ 夢見の良さそうな空間ですよね ]

はじめに

赤ちゃんの日々の育ち…すごい早さですよね。

汗もすごく出ますし…。

皮膚の衛生や日光浴に運動も兼ねてプールデビュー!

今日は0歳児のプールを自宅で、
□ どのくらいから始める?
□ グッズの用意のこだわりポイントは?
□ 万一の怪我を防止するポイントは?
この3点でご紹介です。

0歳児の赤ちゃんのプールは自宅でいつから始める?

ベランダやお庭で子供用プール!

パパやママは水着になっても良いですが、Tシャツ短パンですよね。

さて赤ちゃんんのプールは何歳から?

我が家の場合、生まれてすぐ3ヵ月くらいはキッチンでベビーバスを広げて沐浴して、その後はパパとママで赤ちゃんをリレー式にお風呂に連れて行きましたね。

経験上もいろいろネットで調べてみても、だいたい生後半年くらいからがベストな様子です。

ちょうど、その頃に座れるようになりますからね。

もちろん、ちょっとのことで転倒するので注意が必要ですが…。

沐浴もプールもベランダやお庭でしても楽しいです。

お風呂にお湯を張って、ポンプシャワーをそこに持ち込めば外でお風呂も楽しめますからね。

赤ちゃんの特権ですね…大人ではなかなか出来ません。

青空の下、のびのびと手足を伸ばしてプール…。

気持ち良くて、プール後はお昼寝に突入しちゃう時が多かったような気がします。

0歳児の赤ちゃんのプールでグッズの用意はどんな物にこだわる?

プールグッズ、いろんな物が売られていますが、0歳児の場合、あんまりこだわらなくてもパパとママが寄り添うだけで楽しんでくれる様子です。

浅く張られたプールですが、赤ちゃんだけでは溺れちゃうリスクが高いですので…。

一人にしないことが最大の事故防止。

その上で遊び道具ですが…。

赤ちゃんのプールで事前に用意しておくと良い物

プールの前と後、全体を先読みしておきましょう。
□ 飲み物やおやつ
□ 寝床
□ 衣類
□ ふかふかタオル!!!

水分補給と栄養補給をしっかりして、プールを楽しんだら温かくふかふかなタオルに包まれて肌心地を満喫。

プールは赤ちゃんにとっては全身で感じて運動するようなものですから、全力投球並みに消耗します。

浴後の休息まで視野に入れてあげると良いですよね。

赤ちゃんとプールで楽しむグッズは?

正直…何でも喜ぶかな?

かまぼこ板でも…。

いろいろと持ち込んでみましたが、工夫をつけるとしましたら…。

□ 浮く物は少なめから
□ プールでお砂場遊びセットなど将来的に活用するグッズを投入しても遊んでくれます。
□ ベビーチェアをざぶん…ガラガラ( 振ると音が鳴るやつね )をざぶん…。

浮く物は赤ちゃんが追いかけて転倒しやすいので少しずつプラスしてみると良いかもしれませんね。

お砂場遊びセットはもう少し大きくなったら活用し始めますので、振り回して水を掬って遊んでくれますと将来の訓練にもなるかなと…。

ベビーチェアで座って足をちゃぷちゃぷから、プールデビューも良いかもしれません。

あちこち舐める赤ちゃんですから、周辺の道具類、こまめに洗う、天日干し消毒が大事です。

プールのついでに洗える道具は洗ってしまうと手間省きになりますよね(*^▽^*)

0歳児の赤ちゃんのプールの事故防止はどうする?

0歳児…立って一歩で転倒す…。

生後半年程度だと、このような感じです。

顔からダバンと行きましたら、プール恐怖症でしばらくプールに向かってくれない…なんて事態にもなりかねません。

あくまでプールは楽しく…。

だって保育園でも小学校でも大人でも…プールから海まで人生について回る水の世界ですからね。

少しずつステップアップを大切にしましょう。

ベランダでもお庭でもプールを張って、
□ 湯温を確認
□ 準備を確認
□ しっかり遊んで…
□ 後片付けと明日への備え…

これ、確かに毎日やってあげたいところですが、重労働な上に時間も手間も…。

そう思いますよね。

でも、無理してプールをして、頑張り過ぎる両親の姿はきっと、赤ちゃんにもあまり良いことはありません。

回り回って、怪我の元にもなりかねないからですよね。

あくまで元気に皆が笑って出来るプールこそ最良ですよね(*^▽^*)

まとめ

家庭用子どもプールの話題。

デビューは6~8月に…。

出来たら、ご両親揃って赤ちゃんと一緒にプールの楽しさを味わってくださいね。

赤ちゃんは、ご両親の笑顔が大好きですので、けっして無理ない範囲でプールを準備して楽しんで下さいね。

きっと赤ちゃんも満足して楽しんでくれることでしょう。

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

特養のショートステイ!緊急受け入れに部屋の空床利用など担当者はきつい?

[ ショートステイ担当は大変よね(*^▽^*) ] はじめに 特養のショートステイ担当者さんが今回の話題の中心。 ショートステイの忙しいシワ寄せは、現場に直結するところもあるのですが、最前線の担当者さ …

介護職が高齢者施設でレクリェーションを行う方法とオススメを記事にしてみました(*^▽^*)

[ レクリエーションも工夫が大事(*^▽^*) ] はじめに 介護支援専門員時代には、利用者さんから『高齢者向けのレクリェーションはいつも同じことの繰り返しで飽きる』とか、『幼児ではないのだから』と言 …

介護の悩みを解決するコツとは?[お金を考える]

[ 今や介護の世界もお金が大事…(/o\) ] はじめに お金です。 これまでの精神的な話から、物、仕事と来て、お金です。 介護保険や生命保険、公的私的に関係なく…物も仕事も全てはお金に帰結している。 …

高齢者の日常の買い物の悩みは多い?迷惑とトラブルをどう対策する?

[ いろんな買い物の仕方があるのよ(*^▽^*) ] はじめに 高齢者になると体力が少しずつ低下していきます。 誰でもが通る道…。 子どもたちは遠方で核家族…そんな状況も珍しくありません。 高齢世帯に …

日本の建国記念日の意味や由来を子どもたちに簡単に説明しよう!

[ 大昔の記録なんて大概よね(*^▽^*) ] はじめに 世界の各国が 『 建国記念日 』 を法律で定めている。 日本は2月11日です。 今日は日本の建国について焦点をあてながら、次代の子どもたちにど …

  • 419,857 名の皆様に閲覧いただきました。