【 ★ §…§ 2月 February 冬 §…§ ★ 】 ☆ 話題 ☆彡

梅と鶯は季節を告げる風物詩!和歌や花札にも登場する初春の特徴をご紹介

投稿日:2018年11月28日 更新日:


< これは梅と目白くんです >

梅の花が小さく可憐に咲き始め、
鶯がホーホケキョと美しい鳴き声を披露し始める頃、
時候はぼちぼちと春を感じられますよね。

鶯の鳴き声と梅の花…どちらも多くの和歌や俳句に詠まれ、2月の季語として大切にされてきました。

日本の伝統的な遊びの花札にも梅と鶯のセットで2月の柄として登場します。

今日は春を告げる鳥と呼ばれる鶯と梅の2大看板を題材に記事にしてみました。

スポンサーリンク

梅の花と鶯が泣き始める季節の頃合いとは?

二十四節気の1つ立春は2月3日の節分の翌日です。
暦の上ではこの日から春と呼ばれます。

覚えやすいですよね。

立春の期間は2月4日頃~次の雨水に至る前日2月18日頃までを指します。

この立春の期間、七十二候といいまして初項、次項、末項の3つの期間に分けることが出来ます。
期間と名付けられている呼び名をご紹介しますと…。

初候 2月 4日頃 ~ 8日頃 … 東風解凍 … はるかぜこほりをとく
次候 2月 9日頃 ~13日頃 … 黄鶯睍睆 … うぐひすなく
末候 2月14日頃 ~18日頃 … 魚上氷  … うをこほりをいづる

という3つの期間で紹介されています。

ちょうど2月も半ばになると鶯の声が聞こえてくるということですね。

さて梅の花はといいますと…こちらは暦には載りませんでしたが、
例年2月~4月頃に開花して綺麗な花をみせてくれますよね。

四季折々の花を愛でることが出来る日本の情緒溢れる景観は、ホッと心を和ませてくれますよね。

そんな梅、花は観賞用に、実は梅干しや甘露梅、梅酒の梅に…と、様々なお料理にも使われて古くから日本人に愛されてきた花ですよね。

あ、生では食べれません。

食べる話に傾いてしまいました…。
近年、梅干しもグッと高騰してますから…。

さて梅の花、日本全国のあちこちにありますけど、梅林、梅園、梅の神木、銘木と言われる名所が全国のあちこちにあります。

またこの時期から3月にかけて梅祭りが開催されるところもあります。

伝統的な梅の花なので全国各地で行われます。

『梅と鶯』を題材にした和歌や花札の世界

梅で有名と言えば…。

『東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ』

菅原道真公の和歌です。
今日の都から太宰府天満宮に左遷される時に呼んだ歌で、京都の家から太宰府まで一夜にして飛んでったという飛梅伝説のあるご神木が今でも太宰府天満宮で大切に手入れされています。

他にも大宰府天満宮には6000本とも謳われる梅が咲く名所でもあります。

2月には梅祭り俳句大会も開催されます。

俳句の季語に梅も鶯も2月に最適です。

2月の新緑を伴う春の息吹の風情を表す言葉として、平安時代から愛される常套句とも言えますよね。

さて鶯のお話。

鶯は乳白色、肌色から灰色がかった色合いの鳥です。

澄んだ音色でホーホケキョと鳴く響きは古来から人の気を引く魅力があります。

大瑠璃 ( オオルリ ) のピリーリーと駒鳥 ( コマドリ ) のヒンカララという鳴き声と共に日本三鳴鳥と呼ばれます。

スポンサーリンク

いずれも高音域で耳を澄ますと響く心地良さのさる音色ですよね。

昔は貴族の遊びの中で、音色を独占しようとして無理に泣かせる遊びが流行していたとも言われます。

戦前頃までは庶民も愛でようと捕まえたりしたようですが、絶滅危惧種になっており、捕獲は禁止されるようになりました。

いずれにしても、捕まえて身近に…多く声を聞かせてほしいと思うほどに愛されてきたわけですね。

さて花札にも描かれているという鶯なのですが…。

花札の鶯…緑じゃありませんか?

これ…目白 ( メジロ ) ではないでしょうか…。

由来の根拠は分かりませんが、緑の鮮やかな色で描かれます。

これは、鶯は本来は雑食で臆病な鳥で竹藪などにひっそりと暮らします。
目白は、じつは雑食なんですけど梅の蜜を食べる習性があるんです。

花の蜜を食べる目白を見ながら、たまたま聞こえた鶯の声が花札になったんじゃないかなと言われています。

花札で緑色の鳥が鶯と呼ばれるのは何故かという論争があるんですよね。

梅と鶯の2つが揃うことで取り合わせの良い縁起物とされますが…。

じつは緑鮮やかな目白、声の豊かな鶯…美しい梅…3つ揃った一石三鳥というのが正確なところなのかもしれませんね。

梅や鶯を体感する季節の特徴を楽しむには?

はぃ…梅と鶯が目白と共に日本人にとっても愛されてきたということで、自然の特徴を楽しむご提案を最後にまとめたいと思います。

お出掛けをされて梅園などで梅と鶯の声と目白の色彩の3つを楽しむことが出来るということは、とても縁起が良いことだと言えるでしょう?

さらにです。
ご自宅で…。

お昼間に雨戸を開けて、外気を十分に取り込みましょう。

お昼間の温かさがある時間帯に換気するのがコツです。
朝晩はすごく冷え込みますからね…。

換気すると真冬の寒さというよりは爽やかな乾燥した鮮烈な空気に感じられませんか?

はぃ、短時間でガラス戸は締めましょう。
加湿器を入れて、暖房で温まりましょう。
温かいお茶を急須で入れて飲みましょう。

換気された後の一服…。
室内はとても心地良くないですか?

換気は風邪予防の観点からも、とても大事な行為ですから、一瞬の運気にかけて毎日、時間を定めて、あるいはズラして実践してみてくださいね。

庭に1本の梅の木を育てておきます。

一瞬の一時に鶯の声、あるいは目白の鮮烈な色彩。

3つ揃うと、自宅で味わう、かなり確率の低い…もはや奇跡かもしれませんね。

でもですね、これを目指すために実践してみて運気を呼び込むということも大切なことかもしれません。

予め頑張って、環境を整えて運を呼びこむことを験担ぎとも言います。

梅の花の形におむすびや人参などの野菜を模り、食卓の彩りに添えてみたり…。

縁起が良いものを追及したのでお受験に合格できたかも?
…みたいな風情と縁起を追及してみますと意外な成果に恵まれることもあるかもしれませんね。

まとめ

2月に和菓子業界では鶯餅といって緑色の餅皮饅頭を作ります。
伊達政宗が考案したといわれるずんだ餅に似ていますが、頭と尻尾を作るのが特徴でしょうか…。

いろいろなところで愛される梅と鶯…じつは春の緑に合う目白くん。

三者三様の春の寿ぎがそこにありますよね。

梅の艶やかさで目を、鶯くんの音色で耳を、目白くんで鮮烈な息吹を体感して楽しむことが2月の風情を楽しむ最大の眼目かもしれませんね。

スポンサーリンク

-【 ★ §…§ 2月 February 冬 §…§ ★ 】, ☆ 話題 ☆彡
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

二十四節気の雨水の意味って?ひな人形を飾るのと?他には?

スポンサーリンク 1年を24の時候に分けた二十四節気。 そのうちの1つである雨水の日は2月19日頃を指します。 2月19日って、まだまだ寒い頃ですよね。 雪もドカッと降り積もることもありますし…とても …

冬の風邪予防は食材?食べ物?今回は飲み物おすすめ10選をご紹介!

スポンサーリンク 冬は空気が乾燥しますし、とても寒く冷え込みますよね。 ブルルルッと体を震わせては…、 『 あれ?風邪ひいたかも? 』 そう思い込んでしまいがちですよね。 こんな時は、単なる寒さの体感 …

冬の在宅介護は送迎や散歩や夜勤と注意点が盛り沢山!

スポンサーリンク 冬の在宅介護には魔物が潜んでいる…。 って、そんなオドロオドロシイものでもありませんが…。 冬だからこそ注意したい在宅介護の注意点まとめです。 特に 1送迎 … これは施設と自宅の行 …

ふぐは身も白子も冬が旬!おいしい食べ方は鍋か生か茶碗蒸しですかね?

スポンサーリンク 冬の味覚のふぐ…。 フグ 河豚 海のふぐです。 現代では養殖技術も発展しまして年中、市場に出回るふぐについて今日は話題にしてみました。 高級珍味の1つですよね。 でも…高いだけの理由 …

冬の高齢者さんが注意する健康のポイントは脱水と暖房とお酒!

スポンサーリンク 冬は忘年会、クリスマス会、お正月、年始の挨拶回り、新年会…。 共通してお酒を飲む機会が増えてしまいますよね。 いずれも楽しい場ですから、お酒が華を添えることもありますが高齢者さんには …

☝ カテゴリーの説明 ☝

☆ ↓↓↓ カテゴリーの説明 ↓↓↓ ☆
 
ドロップダウン式カテゴリーです。
上から月単位で最後に一年の話題の順。
1月~12月は毎月該当月が上に
ぐるりと入れ替わります。
当月が一番上の並びです(*^▽^*)
各月内は上に月内全体をさす記事。
後半に記念日など日付の特定ネタです。

☆ カテゴリーです ☆彡

( 福彩心の特集記事 ~♪ )
四季の星座 ☆彡

応援ポチっと、ありがとう ☆彡
(*^▽^*)

みんなの介護 様に私も参加中 ☆彡
→ みんなの介護 リンクURLはこちら ←
充実した教科書のように調べて見つかる!
是非、閲覧してみてくださいね(*^▽^*)

  • 43,436 名の皆様に閲覧いただきました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。