子供はフライドポテトが大好き!いつからあげる?美味しい簡単なアレンジは?

[ archive ]


[ フライドポテトお手軽で美味しいよね(*^▽^*) ]

はじめに

フライドポテトの記事です。

材料はジャガイモと塩と油。

パーティーメニューの1品ですよね。

子供から大人まで愛されるフライドポテト…。

ですけども、最近、私は気づいたのです…。

これはダメだ…こうすべきじゃ…私理論のご紹介です(*^▽^*)

子供はフライドポテトが大好き!

我が家の四人の子らも例外なくフライドポテト好き…。

まだ中学生~小学校低学年に分布していますので、マクドナルドで言うところのLLサイズは食べ切りません。

もちろん、フライドポテトだけで1食を完食…というような偏りもあり得ないので、食事の楽しみに出す時はMサイズ、Sサイズにしてハンバーガーもセットで…となります。

3歳くらいになりますと、フライドポテトを食べられますし、食べちゃうと欲しがるようになります。

お友達の家にお呼ばれしたおやつに提供される場合もありますし、ポテトチップスと合わせてフライドポテトに接する機会は意外にも早い年齢から到達します。

フライドポテトは美味しい…。

戦後に誕生した文化ですが、今やお子様ランチにも添えられ、ステーキセットなどでも外食には、ちょっと脇に添える一品として並びますよね。

美味しいんですよね…ついつい食べ過ぎてしまいます。

問題があるとすれば、フライドポテトだけに集中してたくさん食べることでしょう。

何が問題か…付随する塩分などの調味料過多による塩分の摂り過ぎと中和のために摂る水分が多くなること。

もちろん、高血圧や心筋梗塞などの遠因になることも、よく知られています。

塩なんですけど、元々は国の専売事業でしたよね…。

人体に無くてはならないものですが、摂り過ぎると体の構成を壊す原因になってしまいます。

塩無くして生きられない…依存性があるものとか、不可欠な物を今も昔も将来的にも国は専売する。

そこはさて置き…。

眼目としては、国が専売する物はいろいろな謳い文句もあるでしょうけど、用心してしかるべきというところでしょう。

この辺りは歴史が証明するところです。

さて、フライドポテト。

子供が好きだから与える…。

好きなだけ与えるというのは論外です。

国のみならず、適度、適切というものがあるのは、どんな食べ物においても、当てはまる事柄です。

子供はフライドポテトが大好きだけど、いつからあげる?

フライドポテトとポテトチップスであれば、フライドポテトの方が栄養価が高く食べ応えがあります。しかし、身近に真っ先に登場するのはポテトチップスでしょう。

スナック菓子の中にもフライドポテト風に作られたものも登場しています。

ジャガビーなどです。

とても美味しく、様々な味でフライドポテトを手軽に味わうように工夫されていますよね。

さて、フライドポテトにしろ、ポテトチップスにしろ、いくつから子供に与えて良いものか?

これは3歳くらいになると知って良い味だと思います。

ただし、毎日や毎食…。

なんて偏りはやはり味が濃いことで子供の育ちに影響を与えてしまう可能性が高いです。

週に1回程度、それも付け合わせやおやつという具合に少量を摂る程度であれば問題なく、楽しみの範囲に収まるのではないでしょうか。

ただ、子供にとって濃い味付けに違いないので、朝昼晩、薄味で素材食でと頑張っているお母さんの天敵に発展してしまう可能性もあります。

やはりたまに…稀に楽しむおやつが正解かもしれませんね。

子供はフライドポテト好き!美味しい簡単なアレンジは?

フライドポテトの課題は、第一に塩味。

市販の適当な塩ではなくて、ミネラルも含む天然塩に変えて楽しむ方法も有効かもしれません。

またご家庭でフライドポテトを揚げる際に、油にこだわって調理することも重要です。

少しでも子供の体に良い物を…そう願うのはどのお母さんも同じですからね。

さて、我が家では、
□ 揚げたてのアツアツでフライドポテトを子らに出す

… 油ものはアツいうちに食べる…油の劣化前に食べてしまう!

□ フライドポテトに塩以外でトッピングして楽しむ!

… ケチャップやチーズをつけて食べる!

□ フライドポテトの材料にこだわる

… ジャガイモといってもメイクインや新じゃが、いろいろなもので作ってみますと味が違います。

□ ジャガイモではなくて他のイモではいかが?

… おすすめは里芋!ジャガイモより高価ですが味も舌触りもグッと高級になります。

…といった、アレンジを工夫してみましたところ…フライド里芋にケチャップ、あるいはチーズがとても好評です。

あ、他にもですね、大人のおつまみとして、フライドポテトに紫蘇を巻いて、ケチャップやチーズを付けて召し上がると最高のおつまみになります。

逆に子らには紫蘇風味が敬遠されますが…。

ざっとネギと炒めた風味づけもおつまみにヨシでした。

是非、お試しくださいね(*^▽^*)

まとめ

各ご家庭内でフライドポテトを自作することも楽しいところですが、コンセプトをフライドポテトにして、数件のママ友だちで集まってワインを片手にホームパーティーに持ち寄る一皿にしてみても、イベント的に盛り上がりますし、いろいろ楽しめます。

あ、子らだけの話題からいつしか大人のおつまみのお楽しみに話題が変わってしまってますね…。

毎年、四季折々で登場するスーパーやコンビニの新作ポテトチップスにフライドポテトもどき…。

これはこれで完成品として味付けの分析やたまのスナック菓子として楽しむことが出来ます。

プロが考えただけに、素人が思い浮かべて創作するのはとても難しいですよね。

最後に里芋でのフライドポテトをご提案しましたが、スーパーやコンビニで見たことがありますか?ないですよね?1つは調理の手間がかかり、原価と共にコストが高くなるので商品化されないわけです。

ご家庭で作る場合、上手く揚げて、トッピングとして調味料をマッチングすれば、より美味しくて栄養価の高い料理に昇華できることは間違いありません。

もちろん、手間暇、材料費をかけて作り、練習する必要もありますけど…。

是非、お子様と出来上がりを楽しみにして、一緒に調理を楽しんでみてくださいね(*^▽^*)

[ スポンサーリンク ]
[ スポンサーリンク ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

[ ☆スポンサーリンク☆彡 ]



[ ☆ カテゴリーです ☆彡 ]

☆ ブログランキング2つに参加中 ☆彡


人気ブログランキング
応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村