[ archive ]

お中元をする?しない?やっぱりするべきでしょう!その理由は?

投稿日:2020年5月15日 更新日:


[ 込める気持ちを大切にするのよね ]

はじめに

6月も下旬になると活気づき始めるのがお中元商戦。

あなたとご家庭はお中元を大事なご友人や人生の先輩に贈られていますでしょうか?

お中元はするしないの判断、一度は誰もが考えちゃいますよね。

でも、やっぱりするべきです!という本記事。

2020年の今年は賑やかにお中元が贈られると良いですよね。

悩まれる方は一度、参考にしてみてくださいね(*^▽^*)

お中元をする!その理由は?

大切なあの人に、真心をこめて…。

贈る品物を選び、お届けする。

届いた贈り物にお礼状を暑中見舞いを兼ねてお届けする。

お中元はもともと、ご先祖様へお供えするお供え物の性格から、現代ではお世話になっている人への感謝を届ける風習も兼ねています。

どちらにも大事な意味合いがありますよね。

込められているのは心ですからね。

目に見えない心、数値化できない心、不安定な心と人生。

誰もが決して1人では生きられず、多くの人と人生を関わり合って生きている。

袖すり合うのも多生の縁…。

水魚の交わり…。

濃淡はいろいろですが関わり合いを持っているというものです。

さて2020年の今年。

コロナウイルス感染症の影響でとても大きな損失を抱えましたよね。

大盤振る舞いの貨幣が飛び交いつつ、世情には消費ムードが蔓延していくことでしょう。

たくさん消費して循環することで国庫が回復しますし、買い物をすることでストレスも発散できるというもの。

贈る知人が喜んでくれたなら、さらに喜ばしいことでもある。

お中元の時期から厳しい夏の始まり。

閉じこもり生活から脱却して生活を正常化する大切な時期です。

誰もが運動不足、活気不足、ストレス過多になっているのです。

発散できる方法と機会を1つでも多く持つことは今のこの時期にとても大事なことです。

効果は消費した金額に見えるとはいえ、見えない心、数値化できない効果を慮ると金額以上の価値を見出せることは間違いないでしょう。

お中元をしない!その理由は?

と、お中元をする派から記事を書いてみますと逆にお中元をしない派の記事は難しくなっちゃいますよね。

引き続きで書きますと、大事なお金、大事に使おう!

現実、数字リアリティーを大切に…と真逆のことを記事にしちゃいますもの…。

さて、人の御縁は大事ですが、人付き合いにも限度があるもの。

コロナウイルス感染症で閉じこもりが板についたこともあって御縁より我が身が危機のまま…。

日々のお仕事が成り立たない…なんて方もおられることでしょう。

そしてコロナウイルス感染症の最前線で奮闘されてきた方々。

日々、お疲れ様です。

苦労を振り返り、教訓を次年度に向け整理しましょう。

誰もがマスクをしなければならなくなって、マスクや周辺用具まで底つきましたね。

業者でこれですから、一般的に調達できないジレンマはとても重かったはずです。

ユーチューブでマスクのおしゃれな作り方をご紹介された方、とても秀逸でしたよね。

見ず知らずの世の多くの人々に有意義な情報を発されたのですから。

ユーチューブは閲覧数という数字に出ますし、価値を実感された数が目に見えるところが作成者の方の満足の1つともなるでしょう。

でも本当の成果は見えざるところにあったはずです。

マスクを手製して自分用を確保され、洗い替えをしつつ、緊急事態宣言下を乗り越えた方も多かったのではないでしょうか。

単なる閉じこもりの我慢…だけではなくて世に貢献を模索して活動する。

なんと素晴らしいことでしょう。

あ、お中元をしないというお話でしたね。

1章からここまでお中元を贈ってお相手との絆を深める、隣人愛を育もうというのが論点。

ご自身の中で、これから人のために行う大望がおありの方もあるはずです。

飲食店であれ、製造業であれ、その先には自分以外の他人のために考えるというスタンスが根底にあります。

お中元だから、お中元の時期に…なんて必然性はありません。

もちろん時期に品を探せば、余人に先駆けて品を手に入れることも出来、それに見合う効果を得ることが出来ます。

一方で時期を逃したからといって他の物に代替えしたところでお中元としての贈り物に喜んでいただけないということもないでしょう。

贈りたい人に贈って喜んでいただくのがお中元の大事なところですし、大望にしろ、現在の境遇にしろ、様々な理由でもってお中元をしないというのも1つの選択の結果です。

身近で近しい間柄であれば、この季節、バーベキュー1つで縁を深めることも出来ますからね…。

お中元はやっぱりするべきでしょう?

お中元は歴史ある6月下旬~8月まで続く文化の1つ。

この時期に贈り物を贈るというイメージは誰もが知る常識の1つ。

機を逃さず、一人前の大人としてお世話になった人との関係を大切に時間を掛けて育むスタンスも大切ですよね。

さて、お中元にどのような物を贈られますか?

ビールなどの酒類やハム、ソーセージなどの肉類加工品、海苔やふりかけなどの海鮮加工品なんかも人気ですよね。

洗濯洗剤や石鹸などの衛生用品も、今年は大事かもしれませんね。

さて、非常事態宣言の5月頃にはあまり気にならなかったかもしれませんが、衛生用品を使いまくって手荒れした方が多かったのではないでしょうか?

介護でお仕事をしていますと冬場は罅割れて出血したりもしちゃうくらい荒れちゃいます…。

1ケア1手洗い…なんて指導されちゃいますからね…。

お中元の時期に贈るなら日焼け止めとか化粧品じゃ…と思うなかれ。

年にお中元とお歳暮があって年末に贈ると適時であろう衛生用品。

きっと年末の頃合いにはコロナウイルス感染症で過敏になっている世界的需要があるはずなので品薄になります。

当然ですよね、季節性のものかもしれませんし、今年の年末に繰り返すことになるかもしれない。

病院や介護施設は特に備蓄に万全を期すのは当たり前の帰結です。

ですから、腐るものではないですし、お中元のこの頃合いに先を見据えて品物を選択されると良いでしょう。

もちろん、お中元をもらった方は、
□ ん?何でハンドソープ?
□ ん?何でファブリーズ?
□ ん?紙マスクの山?
と、一瞬、お中元の選択意図に戸惑うこともあるかもしれません。

ですが、すぐに自分の健康を気遣って先々まで考えて贈ってくれたのだろうと想像もしてくれやすいはずです。

まだコロナウイルス感染症の余波冷めやらぬ今だからこそ、お中元の品々は癒しの効果も産み、将来の備えにもなるグッズを選ぶべきでしょう。

お中元にお届けする価値がますます上がるというものです(*^▽^*)

まとめ

自分や自分の家族を守る!

将来的な備えも安心安全を考えると貯蓄しておきたい気持ちもおきますよね。

人付き合いで散財…と捉えてしまうと狭い料簡に陥ってしまいます。

人は人とお付き合いをして互いに刺激を受けて人生を歩んでいくのです。

良縁は1日にして成らず、互いに心通う時間をコツコツと積むことで築かれます。

コロナウイルス感染症で苦しい半年を経た疲れを互いにねぎらいながら、新たに豊かな人生に向けて進む仲間を大切にしましょう。

お中元、日頃は言葉や態度に出来ない仲良し仲間でも、そっとお届けしてみると軽い気心の疎通ができて、心身共に疲れも癒されることでしょう。

是非、この機会にお中元文化を見直してお試しくださいね(*^▽^*)

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢者のレクリエーション!ホワイトデーの企画は簡単工作?料理?それとも?

[ ホワイトなお料理クッキングはいかが?(*^▽^*) ] はじめに 高齢者さんのレクリエーション企画です。 ホワイトデー?高齢者さんに馴染みがないんじゃ…。 そう思いますよね。 でも…これだけ広告や …

空き時間って暇?副業や勉強もありだよね!秋=空きで話題をご紹介

[ 空き時間にいろんなことに挑戦しよう(*^▽^*) ] はじめに 3密や不要不急の外出の禁止…。 コロナウイルス感染症が流行し始めてから自宅時間も長く、生活行動が著しく変化していますよね。 リモート …

心と体のバランスは大丈夫?技術を磨くことでリフレッシュしてみよう!

[ ゆとりある心と体が大事よね ] はじめに ワーキングママさん。 毎日、頑張るあなたに…。 心と体のバランスがとれていますか? 体に疲れを感じている方もあれば、悩み事を抱えておられるかたもおられるで …

体育の日!高齢者レクリエーションを大勢でも寝たきりでも参加できるゲームを楽しんでみませんか?

[ いろんなスポーツを楽しんでみよう(*^▽^*) ] はじめに さて体育の日は10月の第2月曜日。 介護を受ける高齢者さんにも、介護を提供する職員さんにも、祝日は関係なく平常運転の方が多いことでしょ …

母の日に高齢者施設でレクリエーション!手作りプレゼントの一択でしょう[その2]

[ たまに無性に食べたくなりません? ] はじめに 今年はコロナウイルス感染症対策で大変な年です。 高齢者施設も最前線の医療機関に次いで、厳しい管理下にありますよね。 1人でもコロナウイルス感染症に罹 …

  • 435,573 名の皆様に閲覧いただきました。