[ archive ]

介護の靴下と靴の選び方は履きやすさ?履かせやすさ?おしゃれは?

投稿日:2020年6月2日 更新日:


[ これは子供靴ね(*^▽^*) ]

はじめに

今日は介護を受ける方の靴と靴下選びのポイントを記事にしてみました。

靴下と靴は、夏は蒸れに繋がりやすく、冬は冷えに繋がりやすい…。

水虫や体調不良なんかにならないように、靴下と靴のペアは衛生的に保ちたいですよね。

介護を受けるようになると、自分で靴下や靴を選ぶ機会がどうしても減ってしまいますが、おしゃれには気を使って、生涯現役で生きたいものですよね。

『 人に足元を見られる 』とも言いますからね(*^▽^*)

介護の靴下と靴の選び方って?

一般的に靴や靴下って、どうやって選んでいますか?

色合いや柄、長さやサイズ、夏物冬物で選びますよね。

最近は女子高生のルーズソックスも減って、長いソックスって売り場にもめっきり並ばなくなってしまいましたね。

私は個人的には長い靴下でピチッとしたタイプを探すんですけどね。

さて、靴下と靴の組み合わせで、夏は汗で湿気が籠りやすい場所になりやすく、水虫の温床になるなんてこともありますよね…。

冬は、すかすかしちゃって、冷えを感じるとお腹をこわす原因にも感じられてしまいます…。

冬には末端は特に温かく保ちたいものです。

さて、高齢者さんの靴下と靴の選び方…。

お店で実地に選べる方はさて置いて、寝たきりであったり、持病があったりで、なかなか出歩けない方は、福祉用具事業所さんのカタログから選ぶことになりますよね。

いくつかサンプルを持ってきてもらって、数点の中から選ばれているでしょうか?

カタログにも、たくさんの靴や靴下が掲載されていますし、年々、多様化しています。

カタログ選びのポイントの1つに、左右のサイズ差を考慮してくださって購入できるという1つのメリットがあります。

福祉用具事業者さんのカタログには、色もいろいろ、形もいろいろあって迷っちゃう方には、良きアドバイザーにもなってくれますよね。

介護の靴下や靴は履きやすさと履かせやすさが優先?

さて介護施設などの現場での靴下や靴の取り扱いのお話。

介護を受ける高齢者さんには、
□ 履きやすさを考えるとゆとりがあって、フィットサイズよりも大きめになりがち。
□ 履かせやすさを考えてゆとりがあって、フィットサイズよりも大きめになりがち。

同じような文言ですけど、少し意味が違うのにお気づきでしょうか?

介護をして履かせやすさで選ばれる場合は、フィットサイズよりも大きくなりがちです。

ブカブカですね。

ところで寝たきりの高齢者さんの足の爪を見られたことがありますか?

長年の酷使の反動か…多かれ少なかれ爪は分厚かったり、変形していたりします。

歩かなくなってしっても、足の爪は伸び続けますけど、肉付きの部分がとても脆くなってしまいます。

ちょっと靴下でひっかけると、爪がはがれてしまう…なんてことも…。

あと若い方でも、1日の朝と晩で足がむくみ、サイズが変わらない靴が朝と夕で履き心地が違う…なんて経験、誰にでもありますよね。

高齢になり、体内の水分の循環がうまくいきにくくなりますと、このむくみも顕著になっていきます。

ご自身で履ける方は、フィットサイズを意識して靴下と靴を選ばれると良いでしょう。

介護を受けて履かせていただく方は、大きめの靴下と靴を履くようにする方が良さそうです。

朝はゆるめに履いて、ゆとりある靴下もつま先で少し余るように。

夕方は靴下を引き上げて、フィットさせてむくみの抑制を心掛けてみると良いでしょう。

多少の血流改善効果が期待できます。

ただ…靴下のふくらはぎに近い方、ゴムで止まるようになっていますよね。

あれ、キツイと介護業界では、切ってしまうことが一時期、流行しました。

…私だけの経験?

いやいや、そんなこともありません。

靴下の口を締めると足先に血流が及びにくくなるので、あえてゴムを切って血流阻害を解消するわけです。

でも…近年は締め過ぎは当然、良くないですけど、適度な反発を残して止める、締め付けを活かすテクニカルも尊重されています。

完全なゆるゆる靴下よりも、適度な締めと反発があることで血流しやすく、むくみも軽減されるというものです。

靴下を履いているご本人の実感が、とても楽に感じられるのです。

この辺りの結論の1つに、
□ ゴムを切る時にはご本人様の意思を尊重する。
□ ゴムを切るのは3段階方式でご本人の感覚を聞き取りながら行う。
□ 勝手に全部、ゆるゆるにしちゃわない…。
この辺りが、とても大切な要素になりますよね(*^▽^*)

介護の靴下や靴はこれからおしゃれを追及する!

足元は清潔に爽やかに!

おしゃれの基本です。

外出用、自宅でのくつろぎ用とバリエーションがあっても良いでしょう?

介護施設で暮らすと持参物の置き場に困ることがあって、靴下は数点用意できるけども、靴は1~2足程度と限られてしまうのが実態でもあります。

ハレとケの日、晴天雨天、近所に遠出と都合で選ぶことも、とても限定的で出来ないことすらあります。

介護を受ける高齢者さんも自立していたころには、その辺りも多少は楽しまれたかもしれません。

靴下や靴にこだわりのある高齢者さんには、しっかりと選んで身近な靴下や靴にしてあげたいものです。

その辺りは日々の実践の中で気分をお伺いする時に水を向けてみて聞き取りしてみても良いですし、ご家族様から細部のアセスメントでお伺いして、掴むことも大切です。

慣れた日常は惰性と同じ。

誰もが変化を求めるものです。

寝たきりで介護を受ける高齢者さん。

自分では出来ずに手伝いを受けるからと謙虚に自らを殺して沈黙される方も多くおられます。

水を向け、ヒントを得て、少しずつご自身らしさを取り戻していただく…。

まさに、体の機能を理学療法士のリハビリテーションとすれば、介護士だからこそ見出せるリハビリテーションはここだと言えます。

生活の中にリハビリ要素は満載です。

…?ケアマネージャーさんの計画?

そこはそれ…。

大雑把な大局部分と段階的なステップアップがケアマネージャーさんのケアプランの役割。

介護職さんだけで出来るのが、生活のリハビリとも言えますよ(*^▽^*)

まとめ

靴下と靴。

本当にたくさん売っていますよね。

福祉用具のカタログに限らず、楽天やアマゾンで調べると山ほど検索ヒットします。

靴下や靴を考えるのは、臭いの現認になったり、冷えや腹下しの万病予防の観点からも大事ですよね。

介護を受ける方は、我慢を強いられがちですから、積極的に周囲から働きかけて、自己主張できる能力を獲得していただかねばなりません。

その第一歩として靴下と靴を見極めて選ぶ…介護職のサポートを受けて実現いただけたら、素晴らしいだろうなと企画した本企画でした。

足元のおしゃれな適正化から!

介護職さん主導で、着々と介護を推し進めてみませんか?

[ スポンサーリンク ]

-[ archive ]
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あなたの仕事着は制服?それとも私服?介護業界では論争が起きている?

[ 施設がこんな光景に戻るのはいつだろう? ] はじめに コロナウイルス感染症対策の進む医療業界と介護業界。 もちろん一般の業種の方も感染症対策は進んでいますよね。 医療業界ではあまり変化していません …

施設の食事は宅配弁当?委託業務?メニューを充実させて飽きさせないポイントはここ!!!

[ 食べ物まで効率化…はないでしょう?(*^▽^*) ] はじめに 食事は人間の生活の根幹ですよね。 さて、施設に勤務されている職員さん。 自分の施設の食事がどのように利用者さんに届くのかまでご存じで …

熱中症や夏バテにならない対策ハウツー食事編

[ 氷に見立てた水無月!美味しいよ(*^▽^*) ] はじめに 近年では、よく熱中症と呼ばれていますが、昔は日射病とか、熱射病とよく言われていました。 光化学スモッグ注意報がPM2.5と呼ばれるように …

特養の入居には特例や優先に例外といったいろんな条件があるのをご存じですか?

[ 特養にはどうやって入居する?(*^▽^*) ] はじめに 今回は特養の入所申し込みをして入居するまでのルートの話題です。 え?こんな方法が? そんなの知ってるよ…。 いろいろとご感想があるかと思い …

高齢者レクリエーション!霜降の頃には足底刺激からの皮膚マッサージが大事?

[ 霜柱って踏むとキュッと音がするよね(*^▽^*) ] はじめに 霜降とは二十四節気の18番目。 10月23日頃~11月6日頃の季節を指します。 この頃合いに、こんなレクリエーションはいかがでしょう …

  • 423,429 名の皆様に閲覧いただきました。