【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】 [ 七夕の節句 7日 ]

高齢者のレクリエーション!七夕といえば流しそうめん!企画の工夫が大事ですよね

投稿日:


[ 揚げ物はなるべく熱いまま出す! ]

はじめに

さて七夕といえば行事食は 『 そうめん 』 です。

施設で流しそうめんを実施してみて…いかがです?

全員が成功できて、楽しめていますでしょうか?

今日はその辺りを記事にしてみました(*^▽^*)

スポンサーリンク

高齢者のレクリエーション!七夕といえば流しそうめんですが…

七夕の行事食のそうめん。

じつは高齢者の間で、窒息事故の要因にもなりかねない困り物…。

細いので、つい吸いこんで気管で詰まることに…。

けっこう…嚥下に問題のある高齢者さんにはリスキーな食材の1つです。

工夫は身近く切るとか、やわらかく炊く、しっかり咀嚼して食べてもらうようにこまめに声かけをするというところですよね。

七夕のそうめんを流すのに職員が分かれていきますし、目配り、声かけも大事ですし、食事介助も必要な高齢者さんもおられますし…。

いわば、役割が日常の食事時間とは違う状況を作ってしまうところに『 油断と隙 』が出来てしまいます。

この辺りの事故リスク…是非とも防いで、楽しみだけ享受したいところです。

高齢者のレクリエーション!七夕の流しそうめんの企画書

季節は夏真っ盛り…暑いし、蒸せますよね。

自然な小川を想像させる流しそうめんの舞台は涼しさを視覚的にも音としても楽しめます。

まずは舞台の選定が大事ですよね

流しそうめんの舞台は屋内でも排水に注意すればセッティングできますが、やはり屋外の大気の中、楽しめるように企画しましょう。

とはいえ、梅雨の終わり頃は天候が変わりやすくスコールなどもあります。

ですので…、
□陽射しが陰る場所→雨でも濡れない場所!
□陽光が眺められる場所→遠くの山など自然が眺められると最高です!

次に舞台装置の工夫です

脚立程度の高さからそうめんが竹筒を通って最後の盥( たらい )まで流れて届く。

竹筒を斜めに角度を付けるほど、加速してアッという間に終着点の盥になります。

ですから、水流と共に流すので角度は緩やかにすると良いでしょう。

高齢者さんは目が見えにくく、素早く動かすことも難しい方もおられますので、ゆっくり流せることにこだわって計画することも良いポイントになります。

舞台装置をどうするか?

竹といいますのはすぐにタケノコの頃は伸びて食べられなくなりますが、長くて立派な竹を綺麗に割って節をとって流しそうめん用に加工するのも、実際には大変な作業になります。

長大な竹を用いて、竹の両側に高齢者さんと職員が入り交じって並ぶ構図で流しそうめんを行うこともダイナミックさを演出して喜ばれるところでしょう。

舞台装置をどうするか?その2

とはいえ、それだけの竹…。
保管場所に困るのも事実…。

さて、短い竹ではどうだろう?
これはこれで楽しみ方もいろいろと考えられますが本数が増えていきます。

上手く角度を調節しますと、ジャングルジムのような迷路様の流しそうめんが出来ます。

渦巻の螺旋を描くように竹筒を配置して、利用者さんも職員も螺旋状に配置してみますと、食事の見守り範囲も広がりますので、油断や隙が少なくなるので良いかもしれませんね。

舞台周辺もチェックしよう

装置にばかりこだわっていますと、いろいろと見落としてしまいますよね。

□発電機を用意して送風機をセットする。
□延長コードで施設内から扇風機を引っ張り出す。

このように涼やかな風を起こしてみると涼しいですので、熱中症の予防にもなりますし、いっそう涼味を体感いただけますよね。

さらにアロマの微香を稀に混ぜてみますと、さらなるご満足を引き出せるのではないでしょうか。

また四季の花を身近に、遠くの自然も眺望して…と多重に目、耳、鼻、味覚と楽しめるように工夫を企画していきましょう。

高齢者のレクリエーション!七夕の流しそうめんの企画の工夫!

さて、流しそうめんの企画。
ここまで、来ましたら、とことん企画を練り込んでいきましょう!

そうめんは何種類?

□ そうめんとうどんは白!
□ 茶そばは茶!
□ 抹茶そばは緑!
□ ラーメンは黄!

スポンサーリンク

ぬ…赤が思いつかない…(/o\)

そうめんが伝統に定着した平安時代…。
現代は令和になるまで、いろんな麺文化が誕生していますのでいろいろな色の麺を流してみても青竹に映えて綺麗ですよね。

漬けダレも考えよう!

□ めんつゆ
□ ゴマダレ

この辺りが定番のベースですよね…。

もちろん、

□ 鰹だし
□ 鯛だし
□ あごだし
□ とんこつ

…出汁の工夫をして1口の違いの妙味を楽しんでいただくことも贅沢な食事になって楽しめますよね。

□ ワサビ
□ しょうが
□ 梅ペースト
□ ゴマ
□ 大根おろし

この辺りのトッピングも大事。
ここまで組み合わせますと1口ずつ替えて楽しんでいただいても良いでしょう?
特に梅干しはこの時期が旬とも言えます。

ワサビの鮮烈な風味も素晴らしいですよね。
しょうがや胡麻も健康の一助になりますから、夏バテに備えてしっかり摂取していただきたいところです。

スポンサーリンク



まとめ

お箸ですくうことは難しい場合が多いので、1対1サポートが出来るようにご家族に来園いただいたり、穴あきオタマですくうとか、器を軽くて大きめの物にするなどの工夫も大事です。
また流す人。
せっかくの高所にいるのだから、全般を俯瞰するようにしましょう。
事故発見時に即応しやすいですからね。

もちろん吸引機も数台、それ用の延長コードを用意して、常設して備えるようにしましょう。

さて、流しそうめんの舞台装置、複雑な物ほど準備が楽しくなります。

大掛かりであれば、埃が入るのを防ぐように対策を施しましょう。

また、流しそうめん実施の際も、最初は十分な水を流して洗うようにしましょう。

でね、こうした皆で食べて楽しむことが出来ない方、嫌な方もおられるので、別室にて別組で落ち着いて食べられるようにも配慮しましょう。

まぁ、準備は楽しいですが、1日で解体してしまうので、凝り過ぎると解体が辛くなりますので、適度に…。

さらに凝りたい方は、七夕の短冊や願い事なんかを流しそうめんの合間にかいていただいて、竹筒に吊るしていただいたり、最後に大竹を垂直に立てて天に願いを捧げるイメージで、皆様でお祈りを捧げて終了!などと儀式チックに趣向を凝らしてみても、風情が出て良いでしょう。

あ、あと雅楽の調べや童謡などをうるさくない範囲で流すことも有効です。

皆様の施設内の全域を通るように、竹筒を設置…。
これ…私の夢に出た流しそうめんの光景の1つです。

実践された方、是非、感想を教えてくださいね(*^▽^*)

~ よろしければ応援ポチポチッとお願いします ~

本ブログは2つのランキングに参加させていただいております。


高齢者介護ランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

クリック数で順位が変わりますので、筆者のモチベーションにつながります(*^▽^*)

スポンサーリンク

-【 ☆ 7月 July 夏 ☆彡 】, [ 七夕の節句 7日 ]
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セミの鳴き声がうるさい!夜中に寝れない方へ!時期や理由を知り撃退対策を練ろう!

[ 撃退大作戦やってみる?(*^▽^*) ] スポンサーリンク はじめに 夏の風物詩の1つがセミの鳴き声ですよね。 でも、あまりにうるさく鳴かれ続けると精神的に病んでしまう原因にもなりますよね。 続い …

夏に旬を迎える食べ物!野菜の特徴から果物やお魚までご紹介 ~ 欲張り豆知識 ~

[ 旬の栄養価を大切にしよう(*^▽^*) ] スポンサーリンク はじめに 旬の時期に収穫したり、捕獲する食べ物はそれまでに自然の形で栄養を蓄えて旬を迎えます。 栽培技術や養殖技術、輸入技術に冷蔵技術 …

高齢者のレクリエーション!夏の夜空で盛り上がる企画はいかがでしょう?

[ 幻想的な星空…是非、楽しみたいですよね(*^▽^*) ] スポンサーリンク はじめに え?レクリエーションは昼間? そうですよね、高齢者のレクリエーションを夜に開催なんて、きっと全国でも数少ないは …

高齢者レクリエーション!夏に割り箸と輪ゴムと紙コップを用意してどんな企画をする?

[ 子どもの頃に作ったことないですか?(*^▽^*) ] スポンサーリンク はじめに 今日は身近な道具、 □ 割り箸 □ 輪ゴム □ 紙コップ この3点をご用意いただいて、夏にどんなレクリエーションを …

あなたの夏の健康の悩みは何?まずは食べ物とドリンクと冷えの対策が鍵です!

[ 元気に夏を楽しもう(*^▽^*) ] スポンサーリンク はじめに 夏は海に山、バーベキューに…。 夏休みもありますし、花火大会に盆踊り、レジャー三昧で元気に過ごしたいところです。 夏の健康について …

[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]




[ ☆ 翻訳できるツールです ☆彡 ]

[ ☆ 特集記事はこちら ☆彡 ]
[ ☆ ランキングに参加中です ☆彡 ]


応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟

ブログランキング・にほんブログ村へ




  • 98,321 名の皆様に閲覧いただきました。
[ ☆ 友リンクのご紹介 ☆彡 ]
みんなの介護 様に私も参加 ☆彡
→ みんなの介護 リンクはこちら ←
調べて見つかる!
是非、閲覧してみてくださいね(*^▽^*)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。