・ 高齢者レク ☆彡 ☆ 運動会 ☆彡 【 ★ §…§ 10月 October §…§ ★ 】

高齢者施設のレクリエーション!運動会を盛り上げる面白い企画書・スポーツ観戦化計画はいかが?

投稿日:2018年7月19日 更新日:

保育園や小学校で運動会がありますよね。
そんな学校教育の延長なのか、職員さんのイメージで高齢者さんにも運動会が適応されますよね…。

施設全体で見ますと、入居者さんの身体能力は歩ける方から寝たきりの方まで…。
全員が何かしらの競技を行うような運動会にはまずなりません。

今日は保育園や小学校を真似た運動会のイメージではなくて、
スポーツ競技の観戦という大人のハイレベルな楽しみ方をレクリエーションでいかがですか?
という挑戦記事です。

スポンサーリンク

高齢者施設のレクリエーションの運動会は?スポーツ大会でどうですか?

スポーツの楽しみ方は、実際に競技をすることは楽しいのは当たり前ですが、
スポーツを観戦するということも、日常的な楽しみですよね。

そう今回はスポーツ観戦形式のスポーツ大会にレクリエーションを昇華してしまおう!

という記事です。

高齢者さんが体を動かさないとレクリエーションの意味が損なわれる!
そんなことはありません。
実際にスポーツをするよりも高齢者さんにとって効果的な結果になることもあるのです。

高齢者さんに人気のあるスポーツは、
相撲
野球
サッカー
など昨今、メディアが取り上げる人気あるスポーツはもちろんのこと…。

古来の神事の
流鏑馬や乗馬などもあり、スポーツの造詣も、とても深いものがあるんですよ。

高齢者施設のレクリエーションで運動会を盛り上げる視点とは?

高齢者施設でも、過去にはレンタルビデオによるビデオ鑑賞。
近年はユーチューブも取り入れているでしょうか…。
そうした観賞もレクリエーションに取り入れていますよね。

『 具体的な映像を見る! 』 ということはイメージに繋がりますし、普段、テレビを自由に見られないとか、制限のある環境下であればなおさらですよね。
※高齢者施設ではテレビを共同で見る形が多いです。個室タイプでかろうじて自分用が設置できます。

とはいえ、スポーツ大会をダイジェストでVTRで流して終わりではレクリエーションにはなりませんし、企画書を書くレベルのレクリエーションではないですよね。

施設と言う看板があるからこそ、実現できるレベルとクオリティーを求めて企画レクリェーションにしましょう。

おすすめ ~ その1 ~

市営の運動公園の設備を9:00~15:00で借り切りましょう。
地元出身のスポーツ選手を招待します。
施設利用者さんの専用ブースを確保します。
一般招待を行います。

どうですか?
仰々しくなってきた気がしませんか?

じつは地元出身の選手の方、もちろん相談が必要ですが、招待は丁寧に行うほど難しくはありません。
逆に一流選手ほど地元で育ち、地元に貢献するという意識が強いのです。
イメージ商売と言われればそうですが、スポーツマンシップに則り、高潔な人が多いのだと思います。

ここで、この人もあの人も!と、なりがちですが、スポーツの種類によって、
数人に声を掛けていきましょう。

例えばバスケットであれば、借りるのは体育館で済みます。
場合によっては小学校などの体育館を借り受けることも可能かもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめ ~ その2 ~

9:00~15:00の時間枠。
午前中に1試合、見学できるように運びましょう。
午後は一般来訪客に譲ることもありでしょう。

高齢者さんにはお風呂という介護を受けていただかねばなりませんからね。

出来れば、来客予定数分、十分な水分と軽食様式の昼食を用意して施設から運ぶようにします。
昼食を共にして歓談したら、終了という流れです。

高齢者施設のレクリエーションの運動会を新視点で行うための企画書は?

さて、このスポーツ観戦。
生で見る!
体感する!
ここに最大の眼目があります。

ですから、あまり広い競技場を必要とするスポーツは人数も必要ですし、難しいかもしれませんね。

企画書で求める効果とは?

高齢者さんに間近でスポーツを観戦してもらうことでの臨場感、迫力を体感していただきます。
施設を出て、場所を移動し、迫力ある現場を体感することが1つの効果となりますよね。

事前に、来訪いただける選手の紹介VTRなどを見ていただくことで、
当日の声援は、より白熱したものとなります。

軽食と歓談を盛り込むことで、より身近に感じられるようになります。
日常的にテレビでスポーツを観戦する時に、より熱心な楽しみに変わっていく効果があります。

実際に企画書に盛り込む眼目は?

そうですね、ここまでの楽しみますでは企画書としては成立しませんよね。
あくまで高齢者さんにどんな効果があるのか?
そこがポイントになります。

しっかり声援をしていただくことで発声訓練と嚥下訓練になりますよね。
応援時に楽器類を持ち込み、活用することで打楽器による運動効果も得られます。
場所を移動することで、開放感がありますが、少なくとも居室に戻って昼寝ということがなくなり、
全員が離床して過ごすことになります。
この辺りから得られる効果が企画書に盛り込み、評価をするポイントになります。

高齢者の方に贈る副次的効果が期待できる

著名人との写真や交流の様子は施設内に掲示するに留まらず、
高齢者さんのご家族へ贈る品に加工します。

秋の時候のご挨拶の便りにしてみると、もらったご親族はさぞ驚かれるでしょうね。
この制作物もファイリングすることで記録物として整理できます。

施設メリットは少額でとても大きい

施設と有名選手の間に、御縁が出来ますので、
次の機会にはお友達と共に来訪いただけるかもしれませんね。

また施設ホームページには生の活動としてアップします。
単に著名人の慰問を受けるよりも、こうした著名人の得手を活かした場を設けると、
お互いにとって良好な結果に結びつきますよね。

もちろん、こうした打算を抜きに純粋に健闘を称える、施設の活性化を支援する、良質な関係が築けることが大事なのは言うまでもありません。

まとめ

運動会ではなくて…スポーツ大会?いやスポーツ観戦に…。
高齢者施設では、全員が運動に参加することは困難です。
もちろん、この観戦の形式にしても難しいでしょう。

ですが、運動会の形式よりも著名人1人の方が凄い熱気を産むことにもなります。

私の地元には、とあるチームのキーマンが故郷にされているのですが、
御忍びで帰省するだけでも、どこから漏れたか、どこから湧き出たのか人垣が出来ます。
テレビで見る彼よりも間近で見ると迫力が…。
覇気というのでしょうか…。
百聞は一見に如かず…の世界、是非とも高齢者さんに体感してもらいたいなぁと…。

実現のコツはインターネットで検索することと相手側に丁寧な接触を図ること。
そして当日は高齢者さんたちと共に丁寧におもてなしをすることです。

スポンサーリンク

-・ 高齢者レク ☆彡, ☆ 運動会 ☆彡, 【 ★ §…§ 10月 October §…§ ★ 】
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋の味覚!鍋物の主役はきのこ!美容と健康に簡単おすすめブラスαはいかが?

え?料理レシピ記事みたい? レシピの分量とか火加減タイムリーとか…。 その辺りの数字には…とっても疎い私…。 スポンサーリンク でも、鍋だけは家庭内でも好評で、 毎回、残らず完食いただける料理法です。 …

七福神の恵比寿天のご利益とは?10月20日は恵比寿講の日ですね?

10月は一般の地方では神無月と呼びますよね? 神在月と呼ぶのは出雲大社のある出雲地方です。 スポンサーリンク 1年に1度、全国の神様が出雲大社に集まって会議を開くからですよね。 今日はそんな神様たちの …

カマキリの産卵と孵化の季節はいつ頃?1つから何匹くらいの数?失敗談と共にご紹介です

今日の記事の主役は 『 カマキリ 』 です。 スポンサーリンク 昆虫で足があって羽があって、口が鋭くて、 大きな鎌の腕を持つ彼です…。 人が近付いても鎌を振り上げて威嚇する…勇敢な戦士風の彼…。 じつ …

高齢者レクリェーションのおすすめ!秋に紅葉狩りを企画されてはどうでしょう?

スポンサーリンク デイサービスや施設の担当者様。 秋の行楽シーズンに紅葉狩りを企画してはいかがですか? 今回は 『 企画書を整えるコツ 』 と 『 最大限の効果を見込むコツ 』 についてまとめてみまし …

介護支援専門員の試験の勉強方法?直前数日のおすすめのコツとは?

スポンサーリンク さて5月に願書を出されて10月に試験! この記事を読まれるということは、焦ってますね? 焦ると結果はアウトになりやすい。 弛緩しまくってもダメですけども…。 介護支援専門員の試験直前 …

☝ カテゴリーの説明 ☝

☆ ↓↓↓ カテゴリーの説明 ↓↓↓ ☆
 
ドロップダウン式カテゴリーです。
上から月単位で最後に一年の話題の順。
1月~12月は毎月該当月が上に
ぐるりと入れ替わります。
当月が一番上の並びです(*^▽^*)
各月内は上に月内全体をさす記事。
後半に記念日など日付の特定ネタです。

☆ カテゴリーです ☆彡

( 福彩心の特集記事 ~♪ )
四季の星座 ☆彡

応援ポチっと、ありがとう ☆彡
(*^▽^*)

みんなの介護 様に私も参加中 ☆彡
→ みんなの介護 リンクURLはこちら ←
充実した教科書のように調べて見つかる!
是非、閲覧してみてくださいね(*^▽^*)

  • 43,740 名の皆様に閲覧いただきました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。