[ 年間の話題 ] 【 ☆ 四季 Four Seasons ☆彡 】

子育て中のご褒美を用意する!ママや自分自身に贈ってプラスワンになるアイテムとは?

投稿日:2020年8月19日 更新日:


[ ママは家族に報いて報われる(*^▽^*) ]

はじめに

もちろん、お子様の成長の度合いにもよるところですが…。

子育て中のママって、いつもより、たくさん繊細に努力して頑張っている…。

愛する夫のため、家庭を守りながら奮闘する子育て…。

頑張り過ぎて心身に疲労を抱えがち…。

読者様には自分がママ…という方もおられるので、旦那様が気付かなくても自分でケアまで頑張る方もおられるはず。

今日は、ともかく頑張っているママに贈ってプラスワンになるアイテムをご紹介です(*^▽^*)

スポンサーリンク




子育て中のご褒美を用意しよう!

子育てって、すごい喜びを感じる時もあれば、うまくいかない悩みの時期があったりしますよね。

子育てをして、子どもに自立してもらって、若さを武器に活き活きと生活を過ごして欲しいものです。

でも…生まれた日から、自分とは別の生き物なんですよ、子どもって…。

何をどう考えて、どう楽しむのか…。

赤ちゃんの頃は、ただひたすらに我儘にも見えて…。

反抗期なんて、わけの分からない理由で泣いて怒って…。

小学生になる頃にはぐうたらスマホ三昧だったり…。

それでもママというポジションは家族の食を支えて、家の環境を支えて、日々、奮闘する…。

すべてを完璧に出来るわけもなく…手抜きを模索したり、明日があるさ~と考えたりもします。

だって、やること満載ですもん。

子どもが大きくなるにつれ、学校から小難しい手続き書類の山が届いたり、荷物袋や小道具の製作持ち込み依頼だったり、提出期限付きでむちゃぶりが多角的に襲来したりします。

本当に、公私共にタダ働きの機会だらけになってくる…。

タダで使える物は何でも使う…今や社会の常識です。

さて、過酷な生活の中、ママであるあなた、あるいはママを支えるあなた…。

ママを大事に労わる…。

日頃の抱えやすいストレスの解消法をコツコツと実践していますか?

コツコツです。

大型イベントやプレゼントをドカン…は、本当に稀で良いのです。

むしろ稀であるから、効果的なもの。

日々にガス抜きになる要素を散りばめる。

それがご褒美です。

ママの癒しになる日常をコツコツと用意することはとても大事な事です。

スポンサーリンク




子育て中のご褒美をママに贈って喜ばれるプラスワンになるアイテムとは?

ママの癒しは何だろう?どうしよう?

ママご自身でも工夫して用意されることも大事ですが、やはりパートナーからの理解やサポートは心に響きますよね。

さて、ママの癒しをどうするか?

育児を折半する…家事を折半する…外に出て働くことも折半する…。

これはちょっと違います。

ママと子どもの関係性が変化しちゃいますし、その時は良くても将来の大きな悩みを引き起こしかねません。

もう少し小さい頃に、こうしてあげれば良かった…といった育児不足からくる後悔にもなりかねないのです。

まずは、ママが全力で育児が出来る環境、物を整えることが大事。

台所やお風呂、玄関に至るまで環境の使い勝手だったり、靴、服、台所用品まで1つ1つをママサイズや趣向を見直します。

使いやすく、使い慣れたもの…日常的になるとストレスが軽減できますよね。

さて、環境の次はお食事。

どうしても、夫や子どもたちの好物や健康に目が向きがちになります。

自分で作ると好物も美味しく感じない…なんてことも…。

調理師ながら、ひたすら匂いを満喫していると食べちゃった気になってしまうので、実際に食べる時に二度目と錯覚して満足感が減退してしまうのです。

これを防ぐのは…パートナーに手料理をしてもらうか、外食しかありません。

パートナーもその方なりの負担をしていますがら、外食がベストでしょう。

そこで、外食日を決めておいて、お店はイタリアン、中華、和食などジャンルをママに決めてもらいましょう。

ママが決めたジャンルに沿って近郊遠方で外食先を探すのはパートナーの役割。

子どもも一緒に楽しめるか、マッチングの具合を探るのです。

メニューや人気メニュー、お店の雰囲気などA4サイズで1~2枚を作ってママに渡してあげましょう。

当日までの楽しみ感、ワクワク気分は日頃のストレスの軽減や支えにきっとなるはずです。

また外食に行った際に、買い物が出来る場所も選択しておくと良いでしょう。

1度に2度3度と楽しめるように企画する。

アイテム?

必携はメモ帳とペン。

スマホ、デジカメでしょうか。

1回目の外食+買い物ではこれらを用いて記録。

2回目の外食+買い物では、写真やメモから厳選した物を選別して購入。

3回目の外食+買い物では、1回目と2回目に選ばなかったものを選ぶ。

という具合に次、その次と企画が広がるようにしますと、日常的にママの負担は軽くなりますよね。

子育て中のご褒美を用意してくれない夫…自分に贈ってプラスワンになるアイテムを用意しょう!

さて、ご理解ある旦那様…であれば良いですが…。

負担だらけでサポートがない…なんて旦那様も世の中にはたくさんおられます。

ママは多忙…理解されない。

いいじゃないですか。

パパも忙しいんです。

そうした時にはセルフケア。

自分で日常的なケアが出来るようにアイテムを用意しましょう。

宝石を買って着飾って…なんて贅沢はダメですよ。

子育て資金が十分なら、それもアリですけど…。

実用的に、まずは身近な日常のケアになるアイテムの充実を図りましょう。

特にお風呂。

入浴剤、シャンプー、ボディーソープ、乳液、化粧水など、肌に作用する一式はお気に入りを見つけていますか?

次は部屋着、寝間着、寝具。

これらでリラックス空間を作りましょう。

体力回復が一番です。

戦いの日々は永遠に続きますから、日々の健康を培うのが1番。

さて、セルフケアと述べたのですが…。

大事なのはご自身の性格や歴史を反映させること。

夫だったり、子どもだったりが1番で日替わりに食事から行動まで決めてしまいがち。

セルフケアが頭に浮かんだあなたは、まず自分の個性を家庭内で発揮するように努めましょう。

お食事でも、お風呂でも、遊びでも…。

自分の個性を発揮しているか?

自分好みを家族に対して主張できているか?

週に3回は自分の自己主張に努めましょう。

お料理だったら、一週間に3品、自分の好みを入れましょう。

月単位でも、外食先を選ぶなら、3割は自己主張を入れましょう。

遊び先なら、好みの場所を3割主張しましょう。

3割です。

1割は子供たちのために。

1割は夫のために。

1割は自分のために…。

こうして家庭の調和がとれると共に、ママのストレス発散と家庭の調和が保たれます。

3割を厳密に保つのは難しいですが、家族の表情や楽しみ具合を見ていると自己主張が過ぎたかも…なんて反省点も見えちゃいますからね。

匙加減できるというものです。

家族は小さなコミュニティ。

いかなる自己主張も丸く家族としての調和に繋がれば、将来的な多様化につながり、家族の個々人の繁栄に結びつくというものです(*^▽^*)

スポンサーリンク



まとめ

ママは何十無休。

金銭価値にすると年収1000万円に相当するとも言われます。

家族を大事にするあまり、我慢が過ぎますとストレスが蓄積してバーンアウトしてしまいます。

そんな家族を形成したくないですよね。

夫が妻を労わる。

妻自身もセルフケアに努める。

調和を図る中に育児の成功はあると思うのです。

是非、ご家庭内、調和がとれているか、環境と心理を今一度、見つめ直してみて下さいね(*^▽^*)

スポンサーリンク




-[ 年間の話題 ], 【 ☆ 四季 Four Seasons ☆彡 】
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供のデスクを整理整頓して勉強の効果を精神的に期待してみる…?

[ 我が家でも台所勉強よくある光景(*^▽^*) ] はじめに 整理整頓して…収納術…。 じつは保育園から、きっちりと先生に指導されるポイント。 お片付けしましょうね…である。 決まったところに決まっ …

『みんな私が悪いんです』部下にそう言わせた上司や会社は失格です

[ ごめんなさいは正しく活用しよう(*^▽^*) ] はじめに とあるトラブルがあった時なんかに、 『 みんな私が悪いんです 』 あなたはこのような言葉を使ったことはありませんか? 学校でも会社でも、 …

子どもの授業参観て大事になってきている?けど…こんなにありましたっけ?

[ 学校って保護者に先生が日頃をアピールする場?(*^▽^*) ] はじめに 授業参観を我が家を主軸にして書いているので増えた気がするのですけども…。(我が家は4人の子がおるので) 2ヶ月に1回くらい …

デイサービスの送迎は大変!今日はラスベガス化などの問題を利用者さん視点で分析!

[ ギャンブル好きな方って多いものよね(*^▽^*) ] はじめに デイサービスとは介護保険のサービスの1つで、利用者さんの自宅へ朝にお迎えに行って、必要な介護を提供して夕方に自宅に送るサービスです。 …

高齢者が発熱や便秘や食欲不振で受診するのに付き添いは大変ですよね

[ 西洋医学の進歩はお金と共に凄いよね(*^▽^*) ] はじめに 今日は高齢者さんの受診のお話。 いまや基幹病院でも町医者さんでも、高齢者さんが圧倒的な患者シェアを誇るのでは? そんな光景を良く目に …

[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

[ ☆ ランキングに参加中です ☆彡 ]


応援ポチっと、ありがとう ☆彡
☝(*^▽^*)☟

ブログランキング・にほんブログ村へ





[ ☆ スポンサーリンク ☆彡 ]

  • 343,469 名の皆様に閲覧いただきました。
[ ☆ 友リンクのご紹介 ☆彡 ]
みんなの介護 様に私も参加 ☆彡
→ みんなの介護 リンクはこちら ←
調べて見つかる!
是非、閲覧してみてくださいね(*^▽^*)
リンク希望の方、お気軽にご連絡くださいね(*^▽^*)